仕事を今よりもっと楽しむために

 

「・・・今の仕事をもっと楽しもう」

「・・・楽しんでいるあなたの姿が魅力になる」

「・・・そういう姿に惹かれてお客さんもやって来てくる」

 

みたいなこういう話、、、1度は聞かれたことないですか?

 

 

僕もすごーく共感します。

僕も絶対に楽しまないと損だと思う。

仕事を仕事と思わず楽しんでいる人の姿って、すごく魅力だし。

何よりも自分にとっても、すごく大事な部分だと思うから。

 

ただ、どーしても仕事を楽しめない時、、、そんな時って、誰にでもある。

そうも思うんですね。

 

僕だってありますしネ。

仕事のモチベーションが上がらないとき、、、

 

ただ、そんな時は、こんなコトを自分なりに意識して過ごしています。

 

 

DSC_1231

…コレ、娘から見たボク(父親像)です。怪傑ゾロ!みたいでしょう!?

 

 

僕も今の仕事をし出して、4年目です。

ほんと毎日、以前の僕だったら考えられないくらい楽しく仕事をさせてもらっています。

(・・・サラリーマンの時代、仕事をあんなに楽しめなかった僕が信じられないくらいにね(笑))

 

 

でもね、、、、やっぱりっていうのかな、

どうしても、気分が乗らない時っていうのがあるんですよね。

モチベーションが上がらないっていうのかな。

 

成果も上がっていて、順調。

順調にいってるだけに、どうしてテンションが上がらないんだろう、、、

って、却って気持ちが空回りしたりしてね。

エンジンがいまいちガツンと入らない。

そんな時ってあるんですよね、、、たまーにね。

 

 

でね、そんな時になったらね、僕なりに意識して対処していることがあるんですね。

 

それは、どんなコトかっているとね。

笑顔を想像しているんです。

 

相手の人っていうのかな、

僕の場合だったら、クライアントさんね。

手書きPOPや販促物の成果を上げようと一緒になってサポートしているお店や会社の方。

 

そんな方が成果を上げられて、笑顔になっている、

その姿を想像するんです。

相手の方の顔をイメージしてね、そして、次にその人が、こう笑顔になっている感じをね。

 

 

(・・・どうです?かなりヘンな感じ入っているでしょう!?(笑))

 

でもね、コレ結構効果があって。

 

 

例えばね、今日お客さんのどなたかと会うアポイントがあるとするでしょう。

そうしたらね、

その会う方が笑顔になっている姿をイメージするんです。

あなたと会って、その方がニッコリ笑顔になられている感じを想像するんです。

 

・・・時にはね、その会う方だけじゃなくってね、

その先の方っていうのかな。

アポイントで会う(僕の場合はご商売をされている方が多いんだけど)方のお客さんが笑顔になっている。

そこのお店や会社のスタッフさんが笑顔になっている。

 ご家族が。

 

そんな姿をイメージをするんです。

 

・・・するとね、ココロが軽くなるっていうのかな、

スッと自然に心が仕事に向かっていっているような気がします。

楽しいベクトルで、気持ちが仕事に向かっている感じがするんです。

 

 

仕事を楽しむっていうことは、スゴクPOINTだと思うんです。

 

成果を上げる上でも、自分自身の人生のためにもね。

 

でもね、なかなかモチベーションが上がらない時だってある。

 

そんな時は、無理矢理エンジンをかけないで、お客さんの笑顔をちょっとイメージしてみる。

自分を通じて、笑顔になっている。

お客さんの周りの人達も、笑顔になっている。

そんな心持ちを意識してみるのも、1つの方法じゃないかな、って思っています。

 

今の仕事をさらにもっと楽しむためにもね。

 

 

・・・っと、まぁ、こんな感じで、今日は手書きPOPの話じゃなかったですね。

どっちかっていうと、僕、臼井浩二の秘密を暴露っていう感じでしたね。

 

まぁ、日々、仕事に向かっていたら、色んなモチベーションの時がありますからね。

そこをうまく自分でコントロールしていけるようになりたいですね。

 

 

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。