ありきたりなセリフじゃなくって、人間味溢れるメッセージにするコツ

 

「・・・手書きPOPにどんなコトを書けば、響くんだろう?」

「・・・お客さんは読んでもらえるんだろう?」

こんなコトって、考えたりしないですか?

 

・・・僕なりに考える、この質問に対する答えっていうのがあって。

 

その1つがね、

「モノゴトを伝えるときは、事実だけで終わらせない」

っていうことなんです。

 

 

例えばね、ドラマとか映画を観ていてね、

 

役者の人が、

「明らかにそれ、台本のセリフ、そのまんまでしょう?」

っていう感じで、

気持ちを一切こめず、台本のセリフをそのまんま喋っていたら、、、

 

もしも、テレビを観ていて、そんな風に感じたら。

 

それって、・・・ちょっと違和感を感じますよね?

 

 

全然伝わってこない、というか。

こっちにセリフが響いてこない、、、というか。

 

ドラマや映画を観ていても、オモシロくないだろうし、シラケますよね。

 

・・・ただ実は、コレと同じようなことが、手書きPOPなどの販促物にも言えて。

 

 

DSC_1202

先日の手書きPOP講習会で、参加者が講習会始まってスグ書かれたPOP

 

 

DSC_1204

・・・1時間後には、このような手書きPOPを書かれるように

 

 

手書きPOPに書くメッセージ。

「・・・どんなことを書いたらイイのか分からない」

そんな風に悩まれている方多いです。

 

でね、そんな時、何を書いたらイイのか分からないから、商品の良いことを書く。

こだわり部分やメリット的なコトを、POPに書く。

メーカーから送られて来たチラシに書かれている商品メリットを書く。

 

そんな感じの方って、結構多いと思うんです。

 

 

・・・商品の良いところや、こだわりを書くのはモチロン大事ですよ。

 

ただね、そこだけで終わらせない、

っていうことがPOINTです。

 

商品の良いところ、こだわりにプラスして、あなたが感じるコトを伝えてあげるんです。

 

言ってみれば、

事実だけで終わらせない、っていうことです。

 

手書きPOPを書かれる多くの方は、商品の良いところ・こだわりを書くだけで終わっています。

事実を伝えるだけで終わってしまってる。

 

【商品の良いところ】=【事実】

 

ここを伝えるだけで終わっていることが多いんですね。 

 

でもね、お客さんが聞きたいのは、、、POPを読んで心に響くのは、、、

【あなたが思ったコト】の部分です。

 

要は、POPを書いた人の内面の部分。

感情を知れた時のほう。

 

【商品の良いところ・こだわり】(事実)
       +
【あなたが思う・感じるコト】(感情)

  

ここを伝えてもらった方が響くんです。

 

要は、「うちのは、こんなにこだわっているんです!」

で終わらせないっていうことが、POINTなんです。

 

「僕は、お客さんにこうなって欲しいんで」
          +
「うちのは、こんなにこだわっているんです」

 

みたいに、その事実に対して、あなたが思うコト、感じるコトを伝えてあげる。

 

そうすることで、単なるありきたりなメッセージじゃなくなります。

ありきたりな台本通りのセリフじゃなくなる。

もっと、人間味あふれるメッセージになって、読む人の心に響くようになるんです。

 

 

販促物の大根役者、、、って結構多いと思うんです。

 

でもね、今話したことをすることで、そうならなくて済む。

観る人、読んでくれる人の心に響くメッセージ(セリフ)になってくるんです。

 

ピンとくるものがあれば、ぜひトライされてみてくださいね。

 

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。