読まれる手書きPOPと読まれないモノ、、、その違い

 

僕ね、最近、DIYはまっているんです。

”Do It Yourself”、庭とかを勝手にいじって楽しんでます。

 

(目的は、娘と遊びやすくなるにように、、、っていうのが大半なんですけどね(笑))

 

 

でね、DIYといっても、僕ぜんぜん知識とかないわけですよ。

だから、どうやったらイイのかとか全然分からない。

 

・・・そんな時、いつも頼りになるのが、知り合いのリフォーム屋さんなんです。

 

 

例えばね、今度、ベランダの手すりのペンキを塗り替えようと思ってます。

 

だけど、サビが出だしてる。

この処理って、どうしたらイイんだろう??って、なってチョット困るんです。

 

・・・っで、そんな時、どうしてるか?っていうと、

知り合いのリフォーム屋さんにいろいろ聞くんです。

 

「サビって、一度全部取った方がいいの?」

「今塗ってあるペンキは、一旦全部はがした方がいいの?」

とか、いろいろ聞いてます。

 

リフォーム屋さんもすごく親切なんで、包み隠さず色んなコトすべて教えてくれるんですね。

こうした方がイイよっていうことを。

 

ここは関係が上手くできていて。

 

単に僕たちは、リフォーム屋さんに質問するだけじゃなくて、結構、仕事をお願いしたりもしてるんです。

この間も、(コンクリートだった)庭に芝を敷いてもらうのお願いしました。

 

 

でね、ここがポイントなんだけど。

 

どうして、僕がそのリフォーム屋さんにいろいろ聞いたりね、

仕事を頼んだりするのか?っていうと、、、

 

・仲がいいから、何でも聞ける間柄だから

・「この人だったら大丈夫」っていう、信頼があるから

・スッと家に来てくれるから

  ・

  ・

  ・

とかなんとか、いろいろと理由があるんだけど、1番は、、、、

やっぱり、そのリフォーム屋さんのシマムラさんのことを信頼してるから。

ココなんですね。

 

でね、実はココって、すごく大っきくって。

そして、手書きPOPでも同じことが言えるんです。

 

 

DSC_1176

先日、行った手書きPOP講習会の様子~ご覧のように超接近戦(笑)~

 

 

お客さんっていうのは、お店(売り手側)に対して、

「売り込んでくるモノ」

「キホン、何でもオススメしてくる」

そんな印象を持っています(全員が全員じゃないだろうけど、多くの場合ね)。

 

広告とか見てても、売り込んでくるモノ多いでしょう。

「買って、買って」みたいなの。

 

何も売り込むこと自体は、悪いコトじゃないと思うんですよ、でもね、

 

誰から売り込まれるか?

誰からオススメされるか?

 

ココが大事だっていうことです。

 

 

さっきお話ししたリフォーム屋さんの話じゃないけれど。

自分が信頼している人から、、、関係性のある人からオススメされるのは、OKなんだけど。

ぜんぜん知らない人から勧められると、けっこう受け入れられないじゃないですか。

「なに、いきなり売り込んできて!」

みたいになって、話を聞かなくなっちゃうじゃないですか。

 

これは、手書きPOPでも同じ。

 

 

あなたのお店に置かれている手書きPOP。

 

それって、「いったい誰が書いたのか?」

お客さんには伝わっているでしょうか?

 

お客さんが手書きPOPを読んだときに、

「これは、このお店の●●さんが書いたモノだ」

って、分かります?

 

どんな感じです?

 

 

もしも、書いたのが誰か?

そこが伝わらない手書きPOPになっているとしたら、ちょっと問題です。

それは響きにくいPOPになっているかもしれません。

 

さっきのリフォーム屋さんの話と一緒です。

 

ぜんぜん知らない人から商品を勧められても、買いませんよ。

話を受け入れませんよ、っていう話と一緒です。

 

特に、僕たちみたいな小規模店だったら、お客さんとの距離感は近いはず。

 

「話まではしたことがない、、、」

「名前までは知らない、、、」

かもしれないけれど、

「あの人、いつもレジにいる人だ」とか、

「あの人、いつも感じがイイよね」とか、お客さんは感じてるはずです。

 

・・・なので余計に、手書きPOPには、誰が書いたのか?

ココが伝わる内容にしてほしいんですね。

 

「感じがイイ人だよな」って、いつも思っている人が書いた手書きPOPだったら、、、

読むんじゃないですか?

 

そして、書かれているコト、

信頼するんじゃないですか?

 

 

「何を書くか?」っていうメッセージ(what)の部分も大事だけれど。

もっと、題字なのは、「誰が書いてるのか?」(who)の部分だったりしますからね。

 

これからPOPを書かれるときは、ちょっと意識してみてくださいね。

 

手書きPOPの書き方極意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。