手書きPOPは、あなたに共感するお客さんを集めてくれる

 

手書きPOPをやっていると、色んなメリットが生まれます。

商品が売れ出す、、、っていうことの他にもね。

 

っで、今日お話しするのは、そのメリットの1つ。

「心地よいお客さんの数が増える」

っていうことです。

 

 

先日、「手書き販促クラブの会員さんと話をしていて、ふと思ったことがあったんです。

どんな話をしていたか?っていうとね。

 

その会員さんのお店に、ちょっと苦手な感じのお客さんがやって来た。

会員さんが親しみをもって話しかけようとすると、

「そんな話はイイから早く●●して!」

みたいな感じで言ってくる。

いわゆるチョット無愛想そうなお客さんです。

 

さすがに会員さんも、

「これには、心乱れました」

っていうようなことをおっしゃっていたので、僕聞いてみたんです。

 

「●●さんのお店には、こんなお客さんって、よく来られるんですか?」って。

すると、

「たぶん、少ない方だと思います。

 他のお店の人たちと話をしても(チェーン展開されているので)、うちはかなり少ないと思うんです。」

っていうようなことをおっしゃってたんですね、その会員さん。

 

っで、僕ふと思ったんですよ。

それって、●●さんの手書きPOPの効果じゃない?って。

 

 

一つひとつのメッセージから店長さんの思いや人柄が感じられる

一つひとつのメッセージから店長さんの思いや人柄が感じられる

  

 

その会員さんは、そのお店の店長さんなんですけどね。

お店の売場中の商品に、手書きPOPをいっぱい書かれているんです。

 

それもね、ココがポイントなんだけど、

商品一つひとつに、

「ご自身がその商品をどう思っているのか?」

「私だったら、こんな時に、こんな風にしてこの商品を食べます」

など、ご自身の感情の部分を書いて伝えられているんです。

 

言ってみれば、その店長さんの気持ちの部分を手書きPOPで伝えている。

だから、その手書きPOPを見れば、店長さんの人柄が伝わってくる感じなんです。

 

・・・でね、手書きPOPから店長さんの人柄が伝わってくる、っていうことは、、、

その人柄に好意を抱いて、来店されるお客さんもいる、っていうことです。

 

「ここのお店のPOP、好きなんだよね」

「ここの手書きPOPをみると、心がやわらかくなってイイの」

「ここの店長さんとお話しするのが好きで」

みたいな理由で来店されているお客さんもいるはずです。

 

 

お店中に手書きPOPが並んでる

お店中に手書きPOPが並んでる

 

 

発信するメッセージ次第で、集まってくるお客さんは変わる。

これっていうのは、販促物の本質です。

こちらが、ギラギラしたメッセージを発信すれば、それに応じてギラギラしたお客さんがやって来る。

価格に特化したメッセージを書けば、価格にうるさいブランドスイッチャ―が集まります。

 

手書きPOPも同じです。

今回ご紹介した会員さんのお店もそう。

 

手書きPOPを通じて、店長さんの人柄が伝わってくる。

なんで、店長さんの人柄に共感したお客さんがお店にも来てくれやすい。

そして、リピートしてくれやすい。

そういうことなんです。

 

「手書きPOPでは商品メリットや特徴よりも、あなたの思いを伝えましょう」

僕がいつも言っているのは、こういう理由。

あなたの思いをどんどん発信していけば、あなたに共感するお客さんがやってくる。

そして、日々の仕事も楽しくなるんです。

 

ウソみたいに思えるかもしれないけれど、本当ですから。

勇気を持って、あなたの思いをどんどん出していきましょう。

 

 

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。