関係をつくろうと思ったら、まずは自分を知ってもらう

 

唐突なんですけどね、

僕、最近、コーヒー豆にハマっているんです。

昨日も寄ってました、豆屋さんに。

 

・・・っでね、そこで豆を買いながら、店主のオジサンと話をしながら、、、

あることに気がついたんです。

 

 

・・・どうだろう?

2、3か月くらい前からかな。

コーヒー豆屋さんでコーヒーを買うようになりました。

妻に、そのお店のこと教えてもらった、っていうキッカケもあったんですけどね。

 

そのお店、初めて行ったとき、ちょっとビックリして。

 

お店、店主のオジサンの雰囲気、独特だったんです。

言葉でうまく伝えきれないんだけど、店内には(オジサンのお気に入りだと思う)音楽が流れてて。

ソファとか色々置かれてて、レトロな感じで全体的に雰囲気づくりされてるんです。

 

っで、店主さんのオジサンは寡黙。

こっちからコーヒー豆のことを聞いたら答えてくれるけど、自分からは話しかけてこない感じ。

ほんと自分の世界をつくられている感じの方なんですよ(ココもうまく伝えきれてない、、、)

バーのマスターみたいな感じ。

(バー自体、ほとんどいったコトないけど(笑))

 

まぁ、そんな店主さんなんで、僕もコミュニケーションとるのチョット抵抗あったんですよ。

コーヒー豆のこと、僕ぜんぜん知らないから聞いてみたい。

でも、なんか話しかけづらい雰囲気。

っで、勇気を出して話しかけた。

すると、いろいろと教えてくれました。

コーヒー豆のこと。

店主のオジサン自身のこと。

 

 

DSC_1063

昨日買ってきたコーヒー豆を飲みながら、、、今書いてます

 

 

・・・もともとは、コーヒー豆を売る会社でサラリーマンをされていた。

たしか20年近くだったんじゃないかな。

っで、コーヒー豆がよっぽど好きだったんでしょうね。

今のお店を十何年前に始められたそうです。

 

こうして話しかけたのが、初めて僕がそのお店を来店した2、3カ月前のこと。

おかげさまで今では、いろいろと豆について尋ねられるようになりました。

昨日もオジサンと話をさせてもらいました。

お気に入りの豆ができたんで、その豆のこととか、焙煎の違いとかね。

 

でね、ふと思ったんですよ。

「あぁ、オジサンの話、すんなり聞いてるやん」

みたいなことをね。

 

初めはあんなに話しかけずらかったオジサンだったのに、、、

今では、僕の方からいっぱい聞いてるし。

おまけに、そのオジサンから言ってもらったことは100%、僕の心に入って残っています。

言ってみれば、『僕の中でのコーヒーの専門家』です。

 

コーヒーのことだったら、このオジサンが言うコトを1番に信頼すると思う。

このオジサンに聞いてみようとすると思う。

これって、スゴイよな、って思ったんです。

 

僕がここまでオジサンのことを信頼するようになったのには、明らかなキッカケがあります。

それは、オジサンとの話の中で、、、

オジサンが今のお店をするまでの経緯っていうのかな。

 

「もともとコーヒーを売るサラリーマンをされていて、、、その後、このお店を出された。

 っで、今何年経っている。」

みたいな話を聞けたこと。

これが大きかったと思うんです。

 

ここを知ってから、オジサンと距離感がグッと近づいた気がします。

オジサンに積極的に話しかけるようになった。

なんかコーヒーのこと分からなかったら、聞くようになった。

 

ここにヒントが隠れているんです。

 

自分のことを伝えるのって、ほんと大事。

あなたのことを伝えることで、相手(お客さん)はあなたの話を聞く態勢になってくれるから。

シンプルな言い方をすれば、心を開いてくれる、っていう感じ。

あなたのことを信頼してくれるようになる。

逆に言えば、あなたのことを知ってもらわない状態で、あなたが言う話を聞いてもらうっていうのは至難です。

 

「いやいや、自分の話なんて、お客さん興味ないよー」

って、思われるかもしれないです。

だけどね、意外とそうでもないんですよ。

興味を示してくれるお客さんも結構います。

 

 

こっちの話を伝える。

あなたのことを伝える。

知ってもらうことで、お客さんはあなたの話を聞いてくれる態勢になるんです。

 

まずは、この態勢になってもらう、、、、お客さんにね。

そこが肝心です。

販促活動を行うにしても、、、モノを販売していくにしてもね、、、

 

というわけで、昨日コーヒー豆を買いに行って、ふと思ったことをお伝えしました。

 

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。