才能っていうのは、人に喜びを与える能力

 

日々を楽しく過ごして、人生を充実させる、、、

ここを実現させるためにできることって、

 「自分の持っているチカラをつかって

 まわりの方に喜びを与える」

 

ここなんじゃないのかな?

ふと思わせることが昨日ありました。

 

ある方から昨日、サプライズプレゼントをいただいたんですね。

僕のDVD教材を購入してくださった方からです。

 

・・・仕事をひと段落させて、自宅の郵便受けを見てみると、そこに1通の封筒が。

手に取ると、手書きの文字が目に入って来て。

差出人を確認すると、DVD教材をご購入してくださった方のお名前が。

 

ちょっと前に、メッセージでやりとりしていたので、

「DVDのご感想を送ってくださったのかな?」

と思いながら、封筒を開けてみたんですね。

 

すると、中から1枚の用紙が。

 

 

・・・どうです?男前に書いてもらっているでしょう?犬歯なんかもよく特徴捉えてる(笑)

・・・どうです?男前に書いてもらっているでしょう?犬歯なんかもよく特徴捉えてる(笑)

 

 

・・・いやぁ、似ていません?僕に。

 

自分で言うのもヘンなんだけど、、、すごく似ているなぁって、感動して。

おまけにチョット男前になっているところもお気に入りの要因で(笑)

 

・・・でね、この似顔絵を観させていただきながら、冒頭のことを思ったんです。

 

「自分が持っている何か(チカラや才能)を活かして

 まわりの人に喜んでもらう」

 

これが、僕たち人間が生きる目的なんじゃないのかな、って。

毎日を幸せに過ごす、人生を充実させるための秘訣の1つなんじゃないのかなとも思う。

 

・・・チカラとか才能っていうと、大袈裟に考えてしまって、

「自分にどんなチカラがあるのか分かんない、、、」とか

「才能なんて、私にはない」って、感じちゃったりするんだけど。

 

僕たちは、それぞれ個性を持っていて。

他の人と違う何かを持って生まれてきていると思うんです。

 

・・・性格、感じ方、、、人への接し方、話し方、、、仕事への取り組む姿勢、

ぜーんぶみんな違って生まれてきてると思うんです。

まわりの人と違う。

ココがすでに能力で。

その人だけが持っている素晴らしいチカラで。

 

その自分が持っている部分の何でもいいんだけど(「スゴイ」って言われる部分じゃなくてもよくて)。

自分がやっていて心地いいことを見つけて、それをやっていく。

 

単にやっていくだけだったら変化が起きないかもしれなかったら、、、ちょっと突きつめてみる。

その心地イイことに特化して、勉強してみる。

いろいろ調べてみる。

ながーい期間、続けてみる。

 

自分が心地いいことが分からなかったら、過去に人に喜んでもらえたことを思い出す。

そして、そこを試しにやり続けてみる。

他の人にもやってみる。

そんなことをしていると、自分の好きなこと。

まわりの人に喜ばれることとかに気づくんじゃないのかな?

って思う。

 

 

今回、似顔絵をくださったKさんは、イラストやPOPを書かれているイラストレーターの方です。

きっと絵を描かれるのが好きなんだと思う。

っで、その書かれた絵をいただいて、僕の心が動いた。

すごい嬉しい気持ちになった。

 

「僕が似顔絵をいただいて、めっちゃ喜んでいる」

って聞くと、Kさんもきっと嬉しいと思うんです。

 

・・・これって、何かすごくよくないですか?

お互い幸せな気持ちになって。

 

 本来、仕事っていうのも、こういうモノなんだなって、自分なりに思いました。

持っている能力とかだけじゃなくて、

自分が好きなモノや自信を持ってお勧めできるモノを通して、まわりの方に喜んでもらう。

それが、自分自身への悦びにもなるんだよな、って。

 

いつもの販促ネタと違った内容になりましたが、昨日、似顔絵をいただいてふと感じたことでした。

ちょっとアツく書いてしまいましたが(笑)

この気持ち、デキる限り感じて毎日を過ごしていきたい、そう思います。

Kさん、ありがとうございますね。

 

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。