店前看板にどんなコト書けば?

 

店前看板っていうと、インパクトが大事!

そう思っちゃう傾向強いと思うんです。

 

お店の前を通った人に、「パッと目を留めてもらう」。

だからそのためにも、インパクトのある言葉。

内容にしなきゃ、、、って。

 

今日のメルマガでもお伝えしたんだけれど。

今って、店前看板(ブラックボード)を使われるお店って、すごく多いですよね。

街歩いてたら、必ず1つは見かけるんじゃないかな?

(僕、あんまり街に出て行かないんだけど、、、(笑))

 

っでね、通常、店前看板を見る対象者っていうのは、通行人。

お店の前を歩いている人。

自分のお店とは別の用事で、通った人。

そんな人が対象なんで、勝負は一瞬!

・・・そう考えると思うんです。

 

パッと、通行人の目に留まらなきゃ、、、って。

なんかインパクトのある言葉、内容を書かなきゃ、って。

 

すごーく僕も同感です。

その通りだと思う。

みんな忙しいから、そんなにカンタンにお店の前で足を止めて読んでくれる。

そんなことって、なかなかない。

だから、インパクト勝負!したくなると思うんです。

 

・・・でもね、一方で、店前看板であなたと共感する人を集めるっていう方法もある。

 

 

わが家に届いたセメント60キロ、、、DIYに挑戦です

わが家に届いたセメント60キロ、、、週末、DIYに挑戦です

 

 

例えばね、あなたのキャラが伝わってくるような内容を看板に書く。

「あなたはどういう人なのか?」

っていうことが伝わる内容を。

 

あなたが好きなことでもイイし。

週末、家族と何かしたことでもイイし。

観たDVDの話でもイイし。

そんな、あなたの人柄が伝わってくるような内容を書く。

 

するとね、あなたのその趣向や人柄に共感する人が現われてくる。

「自分もそうなんだよね!」

「それ、私も好きなんだよね!」

っていう人が、きっと出てくる。

 

すると、そういう人っていうのは、あなたの店前看板が楽しみになるはずです。

毎日か、、、週に1回か?分かんないですけどね、

「今日は、どんなコト書いているんだろう?」

って、楽しみにする人がでてくる。

 

言ってみれば、あなたの人柄に共感する人です。

 

そしたら、その人が何かのキッカケで、あなたのお客さんになる。

そんなシナリオだって描けます。

(そこには、また仕掛けが必要だろうけど)

 

・・・なんだか支離滅裂な内容になっている気がするんだけど、

店前看板の使い方として。

あなたに共感する人を集めることだって、デキるっていうことです。

っで、その人がお客さんになる。

っていうことだって、導線の1つとしてありだってこと。

 

・・・うまく伝わったかな?

もうちょっと初めに、頭の中を整理して書かなきゃな、、、って、今チョット反省しています(笑)

 

 

 

 

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。