店販商品を売るなら、手書きPOPをやった方がイイ

 

手書きPOPのメリット。

その1つが、コストがかからないこと。

紙とペンがありさえすれば、成果を上げられる。

 

・・・そして、さらにココにもう1つ、手書きPOPのメリットをお伝えするならば、、、

「人的コストをかけずに売上を上げられる」

こんなのがあるんです。

 

今から、すっごく当たり前の話をします。

こんな話、エラそうにするなよー、なんて思うかもしれない。

でもね、考えてみると意外と、、、だったりする話なんですよ。

だから、話します。

 

…例えばですよ、あなたがお店をしているとして。

そして、物販ではなくサービス提供型のビジネス。

…美容院とか治療院っていう業種です。

 

基本、これらのビジネスで売上を立てるには、サービスを提供しなきゃイケないわけですよね。

あなたやスタッフさんが、お客さんの髪を切る。

身体をケアする。

それで、売上が立つ。

 

っで、そのサービスを提供するには、ある一定の決まった時間が必要なわけで。

たとえば、美容院へ行けば、だいたい1時間くらいかかるのかな。

髪を切ってもらうのに。

そこで、お店で働く人があなた1人だとすると。

1日に髪を切れる人数も限られてくる。

 

すると当然、1日の売上上限も設定される。

・・・わけですよね?

1日に髪をMAXで切れる人数が決まっているわけだから、売上のMAXも決まる。

 

っで、そんな時に。

物販の視点を持ち込むっていうことです。

 

(…どうですか?すっごく当たり前の話をしていますよね!?)

 

いわゆる店販商品ですよね。

 

美容院だったら、シャンプーを売る。

化粧品を売る。

そこにチカラを注ぐ。

だって、店販商品の販売には、あなたが労力をして関わる必要がないからで。

ある一定、商品のことをお客さんに知ってもらえれば、、、

そして、欲しいと思ってもらえれば、、、、

あなたは、何も労力をかけなくても、売上は立つわけで。

 

・・・そんなの言われなくても、分かってるよ。

そう思われるかもしれないです。

 

・・・そのどうやって店販商品を売っていくかが?

難しいんだよ、って。

 

でもね、そんな時こそ、手書きPOPを実践して欲しい。

そう思うんです。

手書きPOPを使えば、確実に店販商品の売上は上がります。

きちんとしたやり方でPOPを書いていれば。

 

 

先日買い物に行ったカー用品のお店にあった売場・・・結構オモシロい

先日買い物に行ったカー用品のお店にあった売場・・・結構オモシロい

 

 

 

先日もご紹介しましたが、ある美容院。

無料で配布している「手書きPOP7つの極意」を読んで手書きPOPを実践。

 

・・・そしたら、月に1個売れるか売れないか?

単価3,240円の店販商品が、いきなり12個売れた。

鏡の横に手書きPOPを置いただけで。

 

っで、ここで勘違いして欲しくないんだけど。

売上1個が、⇒12個になった、、、ていうだけじゃなくて。

これが、美容院なんで、シャンプーのようにリピート需要のある商品だったなら。

売上って、1個⇒12個ですまないです。

毎月、毎月定期的に売上が上がります。

 

・・・POPを書いただけでね。

 

さらに言うと、店販商品って、1つだけじゃなかったりするでしょう?

いくつかのモノを売っていたりするでしょ。

じゃあ、1つだけじゃなくって、お店中の商品にPOPをつける。

そうすると、売上の上がり方はバカにならない。

 

しかも、初めにPOPを書きさえすれば、その後は労力はほとんどかからない。

放っておいても売上が立つ。

人的コストかかりませんからね。

 

なんで、サービス提供型のビジネスをされていれば、特に手書きPOPはやった方がイイ。

今の売上にプラスオンされる売上が立ってきますので。

コストもかけず、労力もかけず、、、セールスするっていう精神的負担もかけずにね。

やらなきゃモッタイナイです。

 

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。