手書きPOP、まず初めにヤルべきコト

手書きPOPの目的って何か?

というと、売上を上げるためのモノ。

その商品を買ってもらうために付けるモノ。

そこなんですが。

 

実は、もっともっと手書きPOPをやるメリットが他にもあって。

昨日、直売所へ買い物に行っていて再認識。

 

この週末、家族で近所の直売所に行ってたんですね。

(※直売所というのは、生産者さんから直接預かった野菜や果物、花などを売っているお店)

娘がスイカ好きなんで、探しに行ってました。

 

・・・ただ、僕の住む高知でスイカ、、、っていうと、ちょっと時期的にも早くて。

なかなか売ってなかったんですよ。

っで、近所の直売所をいくつかまわったんです。

そこでね、ある1軒の直売所。

そこに、1枚の手書きPOPがあった。

 

それ見てね、妻が言ったんです。

「オモシロいよね、やっぱりあると、、、」って。

 

(僕たちがスイカを買いにのぞいた)そこのお店、

以前僕が手書きPOPセミナーをやった時、参加くださっていたお店だったんですね、たまたまですけど。

スタッフさんが何名か参加されていた。

っで、その成果か分かんないんですけどね、手書きPOPが置かれてたんです。

・・・残念ながら、何枚もじゃなくて、数枚だったけど。

 

でもね、それでもやっぱりオモシロい。

手書きPOPがあるだけで、お店の雰囲気、印象が変わる。

「なんだか、このお店オモシロい」

そう感じるんです、こっち(お客)側からすれば。

 

 

…残念ながら写真撮り忘れたんで、以前セミナーやった時の様子

…写真撮り忘れたんで、スタッフさんが参加された時のセミナーの様子

 

 

・・・それにね、ココ、手書きPOPで成果を上げるためのPOINTなんだけど。

 

手書きPOPに書くメッセージも、そんなに凝らなくても大丈夫。

初めのうちは、、、。

凝るに越したことはないけど、まずは、お客さんに印象を与えることが大事だから。

「このお店には、手書きPOPがある」

「なんだか、オモシロい」って。

 

そうやって、お客さんに何か印象を与えておくと、記憶に残ります。

商品以外の部分でね。

そうすると、「また来たい」そんなお店になって来ますから。

ほんとです。

 

「メッセージはどんなのにしたらイイんだろう、、、?」

最初のうちは、あまり意識しない方がいい。

メッセージは、後からブラッシュアップしていけば良いんです。

枚数を書いているうちにも、だんだん掴めてくることもありますしね。

 

どんどん手書きPOPを書いていく。

はじめは、ここに注力する。

そして、印象を与えていく。

「このお店は手書きPOPがあるお店」だと。

 

そうすれば、昨日の妻のように、

「なんだか、オモシロいよね、このお店」

って、思ってもらえるようになるからね。

 

まずは、店内の手書きPOPの枚数を増やすこと。

ここを意識して、トライされてみてくださいね。

 

手書きPOPの書き方極意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。