また来たいお店になれる…手書きPOPをすれば

 

手書き販促クラブの会員さんに、お菓子店の方がいます。

20店舗近くチェーン展開されるお店の女性店長さん。

一緒に学ぶようになって、もうすぐ2年。

相変わらず、業績は順調です。

 

昨日が電話相談の日だったんで、その店長Uさんと話をしていたんですね。

「今月もこのままいけば、昨年の売上を上回りそうだ」と。

 

ほんと、この店長さん、よく頑張られていて。

さすがに今年の2月の大雪のときは影響あったといってたけど。

ほぼ毎月、前年比超えの売上を計上され続けています。

 

・・・っで、その好調の秘密はなにか?

 

ちょっと聞きたいでしょう?↑ココ↑

 

店長さんのガンバリです。

ココを抜きにして理由はありません。

 

この店長Uさんのお店、ほぼすべての商品に手書きPOPがついています。

Uさんの手書きPOPがついてある。

 

・・・僕、思うんですよね。

何かを買いにお店に行くでしょう。

例えば、今回の場合であれば、お菓子屋さん。

 

明日、家に友達が来るんで、ケーキとか和菓子を買っておこう。

っで、近所のお菓子屋さんに買いに行く。

だいたい、お店って、どこも同じ感じじゃないですか。

店内の雰囲気とか、店員さんの接客とかも。

よっぽどこだわっているっていうお店や、超人気店の場合をのぞいてね。

だいたい同じような感じ、雰囲気。

だから、お客側のこっちも、そこは特に期待せずにお店に行くじゃないですか。

 

でもね、今回の話の店長Uさんのお店はちょっと違う。

まず、店頭。

お店の入り口に、Uさん手書きの看板(ボード)が置いてある。

そして、Uさんの人柄が伝わってくるメッセージが書かれている。

 

 

人柄が伝わってくる店頭ボード

人柄が伝わってくる店頭ボード

 

 

・・・で、次、店内。

お店の中に入ってみると、売場と一緒にUさんの手書きPOPが自然と目に入る。

商品ほぼすべてにUさんの手書きPOPが添えられている。

しかも、

「これはさっぱりしていて美味しいです」

っていう単なるセールスメッセージや商品特徴が書かれているんじゃない。

その商品に対するUさんの思いが伝わってくる個人メッセージ。

それが、1つの商品とか売り込み商品だけじゃないですからね。

色んな商品についている。

 

 

一つひとつのメッセージから店長さんの思いや人柄が感じられる

一つひとつのメッセージから店長さんの思いや人柄が感じられる

 

お店中に手書きPOPが並んでる

お店中に手書きPOPが並んでる

 

 

そりゃあ、オモシロいだろうなぁ、って思います。

単に、「この商品買おう!」っていう気持ちになるだけじゃなくて

「また、来よう」とか、

「今度、友達に教えてあげよう」っていう気持ちになると思う。

 

いつも言っているけど、手書きPOPはお店にウリを生み出します。

単なる、客単価を上げるためのツールじゃないです。

購入点数を増やすためだけのツールじゃないです。

 

「オモシローい、このお店。また来たい」

「今度、友だちにも教えてあげよう」

「また来ますね」

って、お客さんに思わせるツールです。

価格以外にお店に価値を生み出すツールなんです。

 

手書きPOPをすることで、お客さんの記憶に残るお店になれるんです。

人に教えたくなるお店になれるんです。

また、行きたくなるお店になれるんです。

 

コストもかからないし、何のリスクもないんだから、やらないとモッタイないですよ。

 

 

手書きPOPの書き方極意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。