販促物がスタッフ育成に効果あり!?ある地域専門店で起きた、ちょっと変わった事例

手書きPOP、チラシ、ニュースレター、、

色んな販促媒体があります。

実はこれら販促物をつくることが
従業員の育成に役に立つ、

というのをご存知ですか?

従業員育成というと
少し難しく聞こえるので
言い方を変えると、

性格を明るくする。

業務への姿勢を180度前向きに
一変させる。

コミュニケーション好きにする。

お客さまと会話することを
楽しみにさせる。

商品やサービスの知識を
貪欲にインプットしたくする…

こんな効果が販促物から生まれます。

何もこれは従業員さんだけの
話ではなくて、あなたが
個人でお店をされていらっしゃれば

あなたご自身にも同様の影響を与えます。

実はこれは、ご縁をいただく
会員さんから伺った話です。

毎月、スカイプで
やり取りをしている、ある地方の
新聞販売店さんのオーナーさんです。

話のなかで、

「いやー、臼井さん、
実はうちの○○ちゃんなんか
通信を出すことで思いっきり性格も
変わっちゃいましたよ」

という感じでお話が始まりました。

会員さんのご報告を要約させていただくと、

お便り(ニュースレター)を定期的に
発行されている。

そのお便りをスタッフさんにも
出してもらうようお願いをした。

初めはスタッフさんは滅茶苦茶
嫌がっていたそうです。

「顔写真なんて出したくない、
恥ずかしい」

「こんな文章を書くのは苦手です」

「何を書けば良いのか分かりません」

といった感じで、スタッフさんは
バリバリ抵抗感を感じていらっしゃった
ようなんです。

しかし、ある時から
その言葉も次第に減りました。

そして、

「今は○○ちゃんの依頼が1番多いんですよ」

とまでおっしゃっています。

要は、○○ちゃんがお便りを出すことによって
お客さまからサービスの依頼が
明らかに増えている。

○○ちゃんもお客さまの所へ行くと、

「ありがとう」

「○○ちゃんのお陰で助かったわ」

などプラスのお声がけを
お客さまから頂ける。

「おかげ様で、○○ちゃんの性格も
以前に比べたら
圧倒的に明るくなりましたよ」

という事だそうです。

このお話を聞いていて、
ストンと腑に落ちたことがありました。

それは、3つです。

販促物をつくることで、

1:商品やサービスの受注が増える

⇒まぁ、これはよく言われることですよね。

販促物はそもそも商品を売りたくて
スタートさせるのが一般的だと思います。

2:お客さまとのコミュニケーションが増える

⇒私たちが実践する販促物のやり方
POPコミュニケーション)は、

単に商品を売るだけじゃなく、
お店やそこで働く人も
売っています。

例えば、

お店の考え方やスタンスであったり
お店で働くスタッフさんの
お人柄を伝える事を1番に考えます。

お客さまはその販促物を通じて
お店に対して思い入れを持ったり
共感することで特別な感情を抱きます。

結果、他店とは違う『特別な』お店になり
日々通い続けて頂ける、
という流れです。

結果、お客さまとの距離感が近くなり
コミュニケーションも比例して増加、

という効果を生み出します。

3:仕事が仕事じゃなくなる

⇒お客さまとのコミュニケーションが
増加すると、商品を売る、買ってもらう
という概念が弱まります。

「良いものがあるので紹介したい」

「○○さんの役に立ちたい」

といったスタンスで
業務に向かうようになります。

お客さまもその辺り敏感です、

ヘンな商売臭さを感じないので
そのお店から、その人から
商品を買いたくなる。

サービスを受けたことへの
感謝の気持ちを伝えたくなる。

お客さまからプラスのストロークを
もらったお店の方は嬉しい。

さらにヤル気になる。

こういった形で従来の
『売り・買い』の関係ではなく
『1対1』の人と人との関係を
築けるようになります。

そこには、

仕事といった概念はなくなります。

やっていて楽しい。

「お客さまの期待に応えたい」
といった感情から業務に向かうように
なってきます。

っと、簡単に書くつもりが
ずらずらと長くなってしまいました。

要約すると、私たちが取り組む
POPコミュニケーションをおこなうと、

1:商品やサービスが売れ始める

2:お客さまにとって特別なお店になる

3:今の業務が天職に感じられる

こんな波及効果が生まれます。

少し大袈裟に聞こえるかもしれませんが、
すべて本当です。

会員さんが言葉で語ってくださいましたし
私も産直店で働いているときに
自分自身で実感したことです。

販促物っていうと、

「どうやって商品を売ればいいんだ?」

という発想が軸にあります。

もちろん、商品を売るために
実践するのは当然です。

ただ、多くのお店さんと
同じやり方をやっている限り、
なかなか良い結果は生まれにくいと思います。

他店とちょっと違う発想が
結果を出すには必要だと思っています。

商品やサービスも売れながら、
さらに従業員さんや店主さんの
モチベーションに火を点ける、

実は、そんな一石二鳥の手法はあるのです。

そんなことを会員さんとお話ししながら
あらためて実感させてもらいました。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。