【募集終了】手書きPOPセミナー開催決定!気持ちよく売り、気持ちよく買ってもらえる方法を大公開

POPセミナーを開催します。

今回のテーマは、ずばり

『いかに気持ちよく売り、
いかに気持ちよく買ってもらえるか?』

を実現させる、です。

店販だけで月間売上170万

先日ある美容院のオーナーさんと
電話でお話しをした時のこと。

衝撃的な発言を耳にしました。

「シャンプーや化粧品など
物販の売上だけで1か月に170万円近くある」と。

カットやカラーといった売上を入れず
商品の販売だけで、ですよ、

…ちょっと凄くないですか?

実は、こちらのオーナーさん、
過去に大阪で開催した「POPセミナー」に
参加くださった事があります。

物販の売上はPOPのおかげ、
とは勿論言いません。

ただ、POPセミナーが
1つのキッカケになったのでは?
とも思っています。

ずばり言いますが、POPをやれば
8割以上の確率で業績はアップします

これまでの会員さんの実績から、
店舗売上の120%位までなら
POPだけで上げることは可能です。

さらにPOPが機能すれば、
『売り込む』必要はなくなります。

商品説明をして
お客さまに嫌そうな顔をされる…

の恥ずかしくて惨めな思いを
しなくてもよくなります。

お客さまの質問に答えるだけで
商品が売れるようになるのです。

なぜなら、商品に興味を持ったお客さまが
あなたに質問をしてくれるからです。

POPを読んだ時点で
購買意欲は高まっています

例えば、何か欲しいものがあって
電器屋さんに行く時と、

何にも考えずに電器屋さんへ
フラッと寄った時では
あなたが店員さんの話を聞く態度は、
180度違いませんか?

POPを読んで商品に興味を持った
お客さまが質問をする。

これは同時に、
「商品に興味あります!」
と教えてくれている

サインを発してくれています

ですので、あなたは
お客さまの質問に答えるだけで、

「じゃあ、これください」

と言ってもらえる確率は
必然的に高まります。

「臼井さん、ちょっと煽り過ぎじゃないの?」

と思われるかもしれませんが、
本当です。

さらに、私の周囲のPOP実践店では、
お客さまとの会話が
増える傾向があります。

POPを通じて商品に興味が湧き、
そこから質問ややりとりが
自然と生まれるためです。

”お客さまの滞在時間と売上は比例する”

業界で古くから言われる法則の1つです。

お客さまとのやり取り、
コミュニケーションが増加すれば、
必然的にお店の滞在時間が長くなります。

あなたやスタッフさんと話す
機会も増加します。

買い物へ行ってもひと言も
店員さんと話さないスーパーと
あなたが通う美容院や床屋さん、

一体どちらのお店に
親しみを感じるでしょうか?

…恐らく後者だと思います。

接する時間が増えれば
親近感を感じやすくなりますし、
信頼度も高まります。

あなたの話に耳を傾けてくれる関係性を築けます。

結果、あなたがお勧めした商品を
購入してもらえる確率も高まるのです。

あなたのトークが売り込みと誤解される原因は…

1:興味がないお客さまに話をしている
2:関係性が出来ていない

大抵の場合、このいずれかです。

POPを使いこなすことは
ただ商品を売る事に留まりません。

販売のスキルアップに直結します。

POPは、たった1枚の紙で、

1:興味
2:信用
3:購入

ハガキにも満たないような
小さなスペースでお客さまの心を動かし
行動に駆り立てる役目を果たしているのです。

つまり、

商品に興味を持ってもらい
販売に至るまでのステップが、

あの1枚の紙に凝縮されているのです。

だからこそ、

POPを学ぶことはイコール、
『販売術』をマスターすると言えるのです。

「POPをまだ書いた経験がない方」

「POPを書いているけど
思うような結果が出ていない方」

に、まず結果を掴んでいただく。

「POPをやれば売れるんだ」

他人事ではなく実感して
頂きたいと思っています。

冒頭でお話しした美容院オーナーさんも
POP実践の入口は、
セミナーに参加される事でした。

ぜひ、あなたも後に続いて頂きたい
と思っています。

お店を一変させるPOPを学ぶ
セミナーを開催します

今回のセミナーテーマは、

『いかに気持ちよく商品を売り、
いかに気持ちよく買ってもらえるか?』

です。

ゴリゴリ無理に売り込むのではなく
興味を持った方に
購入していただく。

そして買って頂いたお客さまに
120%の満足をしていただく。

満足していただいたお客さまに
あなたのお店のファンになってもらい
口コミや紹介してもらう。

この一連の仕組みを
POPでテンプレート化します。

なお今回のセミナーは、
効果を最大限発揮するために
2部構成といたしました。

まず1部では、

『売れるPOPを実現するには
何を伝えれば良いか?』

POPで訴求する内容を
体系立てて学んでいただきます。

内容のほんの一部をお伝えすると…

・商品を購入してもらいたければ、この3つの障害を潰せ-

お客さまが商品を買わない理由は、たったの3つに尽きます。逆にいえば、お客さまにとって障壁となっている3つの理由を順に対処してあげれば、喜んで商品を購入してくれます。お客さまの障害となる3つの行動原則をテンプレート化して公開します。

・収益を最大化する商品選びのコツ-

POPを書く商品の選び方を間違うと、その後POPから得られる成果が10分の1以下に縮小するのをご存知ですか?ヘタをすると、二度とあなたのPOPを読んでもらえなくなるかもしれません。逆に、うまくスタートダッシュを切れば、後はPOPを書きさえすれば、ほぼどんな商品であっても半自動的に売れ続けてしまう、という事が起こります。

・単品売上139倍を達成した秘密-

正直言って驚愕してしまいました…。POPセミナーに参加された方から成果報告を聴いたときには、「どんなPOPを書いたんだ?」こちらがそのノウハウを知りたくなりました。POP初心者でも売上を十倍、二十倍にする魔法の秘密を公開します。

・POP実践者の約9割のかたが犯す、ある過ちとは-

セミナー中に参加者さんにPOPを書いてもらうと、必ずと言っていいほど10人中9人の方が犯してしまう過ちがあります。ご本人は全く気付いていませんが、それをやり続ける限り「価格の安い商品を買ってください」とお客さまに伝えているようなものです。私たちのような個人・小規模店が絶対にやってはいけない間違いです。

・POPを学んだ当日に売上を161%に伸ばしたPOP参考事例-

POP最大のメリットの1つは、即効性です。書いてすぐに結果へ直結することです。あるお店の女性スタッフさんは、POPを学んだ当日に書いた1枚のPOPで、売上を161%を達成しました。なぜ、POP初心者がいきなり、こんな結果を叩き出せたのか?事例をご紹介しながら、その秘密をお伝えします。

・メッセージを読みたくて仕方がなくなる30秒キャッチコピー量産法-

キャッチコピーの重要性は語るまでもないと思います。しかし多くの方が、キャッチコピーづくりを苦手としているのも事実です。あなたが一度でも商品を売ったことがあるのなら、わずか30秒で閃く事ができる「キャッチコピー量産法」を伝授します。

・共感メッセージと売り込みメッセージの間に存在する『ある』言葉の違いとは-

ブログ、facebookなど様々な発信媒体がありますが、原則、響くメッセージには決まった法則があります。共感されるメッセージには存在し、俗に言う売込み臭く感じるメッセージには欠けている『ある』言葉があります。伝えるべき軸を1つずらすだけで、既存商品が爆発的に売れだす可能性があります…

また第2部では、

『たった1本のペンで何度でも読みたくなる
インパクトのある筆文字の書き方』

を学んでいただきます。

・字を一変させる魔法のおまじない言葉-

目に留まる、インパクトのある文字を書くのは簡単です。この一言を聴くだけであなたの文字は見違えます。今まで自信がなかったのが嘘のように手書きするのが楽しくて仕方なくなります。インパクトのある字を書く究極のコツを伝授します。ただこの1点を意識するだけで、あなたの字は生まれ変わります…

・日本人の9割が知らないインパクトのある字を書く3つの秘密-

小学生の頃、さまざまな字の書き方を習いました。しかし、その書き方をしている限り、お客さまの目を引く、インパクトのある字は書けません。在り来たりな字になってしまいます。私たちがこれまで培った常識の逆をいく、インパクトのある字の書く3つの公式を公開します。

・反響率99%!二度と忘れない!特別店になる『鉄板サンキューレター』-

多くのお店がサンキューレターを実施していますが、大事なポイントがごっそり抜け落ちています。たった1枚の葉書があなたのお店にリピーターさんを引き寄せる鉄板サンキューレターを公開します。

・主婦が毎晩徹夜して筆文字にハマりまくる、ある『筆文字技法』とは-

「筆文字を習いたいんです」と教えを請いに来た主婦の方がいました。凄くまじめな方で、そのお人柄が字にも表れており、どちらかと言うと筆文字も型から抜け切れていない印象でした。しかし、たった一言ある「テクニック」お伝えしただけで、見違えるほどに。以来…旦那さまが困ってしまうほど家事そっちのけで、筆ペンにハマられています…

・チラシ反応率を3倍にする筆文字活用術

同じ内容が書かれていても、筆文字を導入するだけで反応率は上がります。今現在、あなたが書かれているチラシやDMに「ある」筆文字の使い方をするだけで、開封率やレスポンスを倍増させることは可能です。

・90%没頭すること間違いなし!魅惑の筆ペンセットをご紹介-

インパクトのある字を書くには、もちろん書き方にも秘密があるのですが、字を書くツールも特殊です。どんな字にコンプレックスを持っている方でも、周囲の話が聞こえなくなるくらい没頭してしまう『魅惑の筆ペンセット』を公開します。

…他にもここでは公開しきれない
ノウハウや秘密をみっちり伝授いたします。

セミナー詳細

※会場の詳細については、参加表明をされた方に別途ご連絡いたします

早期『参加表明』特典

なお、こちらからのご案内に
即座に行動して下さる方には、

私としてもヤリガイを感じますので、
何かしらメリットを受け取って
頂きたいと思っています。

そこで、

3月15日(木)までに参加表明された場合、
POPの『リアル添削』動画をプレゼントいたします。

実際のPOP事例を使い、

「どのようにメッセージを書けば、
商品は売れやすくなるのか?」

リアルタイムで説明をした
動画を受け取っていただけます。

POP事例を紹介する事はよくありますが
実際の添削された事例を
公開する事はまずありません。

あなたの現在のPOPをどう修正すれば
売上につながるのか?
具体的に掴めると思います。

POPで新規集客が可能?

POPというと、
顧客単価を上げるツール
というイメージが強いです。

しかし、本当のPOPを使いこなせれば
口コミや紹介による
『新規客獲得』に直結します。

あなたやスタッフさんの個性や人柄が
感じられるPOPを読んだお客さまは、
どんな気持ちになるでしょう?

「何だかこのお店、面白い」

「他のお店とちょっと違う」

他店とちょっと違う雰囲気を
あなたのお店に感じるかもしれません。

お客さまがその次とる行動は…?

知人に紹介したくなるはずです

POPで結果を掴めば自信が生まれ
行動力やアイデアは雪だるま式に
どんどん膨らみます。

チラシなど他の販促物も
実践したくなるかもしれません。

こういった点を踏まえても、
経費がかからず書いて即結果の出るPOPは
現状を一変させる導入ツールに最適です。

「やれば売れる!」

まずはPOPで弾みを
つけて頂きたいと思っています。

一旦売れる仕組みが分かれば、
どんどん量産可能です。

ある意味、POPは、

販売を自動化させるツールです

売場にPOPと商品を並べるだけで
言葉は悪いですが、
放っておいても商品は売れだします。

そこに人件費や手間は、ほぼかかりません。

実は冒頭の美容院のオーナーさんは
3店舗経営されています。

170万円×3店=…

500万円近くの売上が
物販だけで生まれている計算です。

「どうせ自分には…」
「業種が違いますよ…」

とつい言葉が出そうになります。

やれば、結果は出ます。

臼井が約束します

結果が出れば、
毎日、笑顔でいる時間も増えます。

ご家族と一緒にいる時間も
穏やかな気持ちで過ごせます。

きっとお子さまやパートナーも
喜んで下さるのではないでしょうか。

「気持ちよく商品を売り
気持ちよく買っていただく」

そんなお店づくりが実現可能になります。

少しエラそうな言い方になりますが、

企業研修や自治体からのご依頼などで
自主開催セミナーの機会が激減している状態です。

(昨年は2度しか開催できませんでした)

今年は何回開催できるか分りませんが
限られたわずかな機会に
あなたとお会いできることを
心より楽しみにしています。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。