最強の学習法とは?25名の新規集客からの学び

収益を上げるためには
学びが必要ですが、

一生忘れない、
最強の学習法があるとすれば、

一体なにだと思いますか?

…個人的には

『失敗』

することだと思っています。

最強の学習法とは…

例えば、就職試験の面接を受けた。

人事担当者の前で
頭が真っ白になって
何もしゃべれなくなった。

物凄い恥ずかしい体験です。

しかし、その経験は
一生忘れません。

強烈に心に残ります。

これほどインパクトの強い
学習法は他にないと思います。

昨日伺った会員さんのお店でも
同じような出来事がありました。

その会員さんは、直近の取り組みで

25名の新規集客に成功されました。

お一人のお店なので、
25名の新規客さんを獲得する
というのはかなり大きいです。

しかし、ここで1つの問題が勃発しました。

集客した25名の新規客さん、
現段階でリピートにつながっている人が
4名しかいません。

【新規集客】→【リピート】

この成約率が16%に留まっています。

この数字を高いと見るのか?
低いと見るのか?

業種や商品によって違いますので
一概に何とも言えませんが、

会員さんは物足りずにいました。

そしてその原因を
価格だと考えました。

実は今回の集客は
割引を1つのキッカケにしていました。

『初回限定の特別価格』

というアレです。

通常価格より安く提供すことで
新規集客の数を伸ばそうと
狙っていたのです。

しかしリピートにつながらない。

「値引きで集めたお客さまだから
リピートしないのでは…?」

と会員さんは考えました。

もしかすると、あなたも、

「値引きで集客したお客さまは
質の良いお客さまでない」

ご存知の話かもしれません。

ただ今日のポイントはそこではありません。

会員さんも、値引きしたら
良いお客さまが集まりにくい

という話はご存知でした。

しかし実際にやってみた。

そして、それが自分のお店にも
当てはまると実感しました。

「これじゃあ、駄目だ」

と腑に落とされたわけです。

これが逆に、

「○○さん、値引きしても
リピーターさんに繋がりにくいですよ」

と臼井から事前に言われて、

取り組みをストップされていれば
今回ほどの強い実感はなかった
と思っています。

痛いほど強い
実感があったからこそ、

次の集客へのアイデアが
思い付いたのだと思います。

「失敗から『しか』、学べない」

私自身、心に強く留める
ルールの1つです。

経費を浪費したり
精神的なダメージを受ける
失敗は回避しなければなりませんが、

とりあえず思い付いたら、やってみる。

これくらいの気概がないと
欲しい結果は掴めないと
言い聞かせています。

「失敗したくない…」
「損したくない…」
「恥ずかしい思いをしたくない…」

私も感じます。

ただ同時に、

「失敗からしか学べない」

これを意識できていると
自然と行動力は上がる。

行動できる自分に自信が持てる
と実感しています。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。