道の駅のPOP事例~たった1枚で売上倍増を実現

読者さんからよく頂く声に、

「実際に成果の出たPOPを紹介してほしい」

というものがあります。

POPの書き方といったノウハウは勿論だけど、
実際の事例を知りたい。

確かにそのお気持ちも分かります。

ノウハウがどういった形で
具体化されるのか?

がイメージできた方が、
POPを書く作業も進みやすいですし、

意欲も湧いてくると思います。

そこで今日はご縁を頂く会員さんが
POPを書いて結果を出された事例を1枚

ご紹介いたします。

たった1枚で売上を倍増させたPOPの正体

ある道の駅での話です。

POPだけでなく全体の販促活動に関して
ご縁を頂いていました。

その取り組みの中の1つとして
道の駅スタッフさんに手書きPOPの
研修を受けてもらいました。

「どんなPOPを書けば、商品が売れるのか?」

約2時間、
みっちり学んで頂きました。

その成果の1つが今回ご紹介する
1枚の手書きPOPです。

POP 道の駅

『においますか?』

<<トチナ茶>>
とてもステキな香りをただよわせて
いますが、これは薬草なんです。
レア商品なので、最近では近隣の
町からもお取り置き注文がくるほどの
商品なんですよ!!

道の駅で販売する
生産者さんがつくられたお茶のPOPです。

先に結果からお伝えすると、

このPOPをつけたことで、
販売量は59個から95個へほぼ倍増しました。

たった1枚のPOPを売り場に設置しただけで
売上数が倍に増えたのです。

なぜ、このPOPが売れたのか?

ちなみにこのPOPは女性スタッフさんが
書かれたのですが、
POPを書くにあたり、こんな経緯がありました。

以下はスタッフさんの言葉を訳しています。

いや実はですね、
面白いお茶があって、

お茶売り場の前を通るだけで
プーンといい香りがするんです。

もう、なんとも言えないというか…

お客さまも多分気づかれていると思うんですけどね。。

POP研修のやり取りの中で
こんな言葉がスタッフさんの中から
出てきたのです。

…実は、ここが今回の成果の
大きなポイントの1つです。

POPで結果を出すコツ

POPを書いて売上を上げる、

その時に様々なポイントがあるのですが、
その1つに、

『思い入れのある商品からPOPを書く』

というものがあります。

要は今回の場合であれば、
スタッフさんにとってこのお茶は
特別な感情を抱いていたわけです。

(良い意味でなのか?は解りませんが)

特にこれはPOP初心者に憶えて頂きたいのですが、

POPを書く商品を選ぶ際に、
とにかく好き、嫌いにかかわらず、

何か特別な感情を頂く商品やサービスを選ぶ。

ここを意識して頂きたいのです。

あなたが何かしらの感情を持っていれば、

その気持ちは文章に現れます。

POPメッセージに宿ります。

逆に、

「上司からPOPを書くように言われたから書く」

こんな精神状態でPOPを書いても
売上には反映されません。

メッセージに気持ちがこもらないからです。

精神論に聴こえますが、
POPで商品を売るにあたり、
かなり重要なポイントの1つです。

売れるPOPを書きたいのなら、

「好きな商品、思い入れのある商品を選ぶ」

ここ抜きには語れません。

まずは売り場を見渡してみて
あなたが、

  1. 特別な感情を抱く商品
  2. どうしても人に勧めたい商品
  3. 実際に利用した商品

をヒントにPOPを書く商品の選定をしてください。

1枚売れるPOPが書ければ
POPを書く取り組みが楽しくなってきます。

どんどんPOPを書きたくなってきます。

そしてその気持ちが
POPメッセージに宿ります。

自然と好循環が回りだすのです。

ぜひ、今回のPOPのポイントを参考に
あなたも1枚書かれてみて下さい。

そして結果が出れば、
またご報告いただければ嬉しいです。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。