売上目標134%達成の裏側

先日お伺いした、
ある会員さんのお店でのこと。

お店に入るなり責任者の方が、

「臼井さん、あれから色々と
やってみましたよ…」

近寄って話しかけて下さいました。

実は、1か月前にお邪魔した時に
3~4つのアクションプランを立てたんです。

その行動結果の報告でした。

ある部門では売上目標134%達成。

ほぼ売上ゼロだった商品は
2週間で65個売れるなど
順調な成果を挙げられていました。

この会員さんと先月お邪魔した時に
一緒に取り組んだ事は
たった1つ。

『フォーカスを絞る』

これだけです。

「フォーカス=焦点」

です。

光を当てるポイントを絞った事が
今回の結果の1つの要因だと思っています。

多くのお店はフォーカスが絞れていません。

もしくは『ズレて』います。

結果の出にくい所に光が当たっています。

簡単に言えば、強みではない所に
光を当てているので光が弱く
他店に負けてしまうのです。

他店の方が輝いて見えてしまいます。

例えば、私は映画が好きで
観ていてよく感じる事があります。

俳優さんにも様々な方がいらっしゃり
凄い男前の俳優さんもいれば、

「この人の何が良いんだろう?」

それ程、男前に思えないのに
(私が言うのも…ですが)
息長く一線で活躍される方もいます。

個性もそんなに無さそうなのに
色んな映画に出演されている方もいます。

「何でだろう?」

といつも思っていて
ある事に気が付きました。

自分はトム・クルーズのような
外見は持っていない。

だけど、ある○○の部分に限れば、

トム・クルーズには無い物がある。

その『○○』をご自身で理解されている、

そして、その○○を磨き上げる
努力をされているんじゃないか?
と思ったのです。

実は冒頭の会員さんも同じです。

先月お邪魔した時に、
お店の方が気付かれていなかった
『可能性』を見い出されました。

そしてその可能性に光を当てる
取り組みを行いました。

具体的には、その可能性はある商品でした。

「ある商品」をお店の看板商品に
育成するための販売法も
一緒に立てました。

結果、

ほぼゼロに近かった商品が
2週間で65個売れたのです。

目標数値の134%を達成する結果も掴めました。

では今回の最大ポイントである
可能性の見つけるには、
どうすれば良いか?

お店の個性によっても違うので
一概に体系化できないのですが、
今回の会員さんの場合であれば、

「過去に売れていた」

ここが1つのヒントになりました。

「以前はこれよく売れていたんだけどな…」

取締役さんがポロッとおっしゃった
一言がキッカケになりました。

たまたま、そこに第三者である
私に引っ掛かり、その可能性を
広げていく事になりました。

きっとあなたのお店にも可能性は眠っています。

普段から慣れ親しんでいるご本人だと
見つけにくいかもしれません。

そんな時は、お客さまや第三者の存在を
ヒントにその可能性を発掘して下さい。

「これかな?」

らしき可能性が見つかれば、
後はフォーカスを絞って
光を当てる事です。

1:可能性
2:フォーカスの絞り方

が適正であれば今回の
会員さんのように結果が付いてきます。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。