要チェック!心を動かすPOPになっているかどうか?

 

手書きPOPで売上に繋げるために必要なこと。

それは、キレイな字でもないし、、、

かわいいイラストでもないし、、、

カラフルなデザイン、、、でもありません。

 

手書きPOPで重要なポイントの1つ。

それは、●●●のお店でしか使えないPOPになっているか?

ココにすべては集約されるのです。

「…私の書いたPOPを見てもらえませんか?」

セミナーなどへ行くと、こんなお声掛けいただくことが多いんですね。

 

っで、書かれたPOPを拝見する。

すると、イラストや文字も綺麗にカラフルに書かれている。

到底、僕が書けないくらいにね(笑)

 

・・・ただ同時に拝見しながら、いつも思うことがあるんです。

メッセージが、商品説明で終わっている。

そのようなPOPが多いんです。

 

「この商品は、すごくこだわって作られていて、新商品なんです!」

みたいな感じで一生懸命、商品の説明がされている。

 

・・・でもね、

これだとお客さんの心はなかなか動かないです。

だって、商品説明をどれだけ綺麗に、丁寧にしても、それは、他店でも伝えられるメッセージ。

そのお店独自からの言葉じゃないからです。

 

お客さんの心を動かすためには、あなたからのメッセージだよ。

っていうことを感じさせないとイケないんです。

そうしないと、手に取って購入してもらえません。

 

黒のマジック1本で、決してキレイとは言えない字で書かれていても、、、

書き手の思いが感じられるPOPには、お客さんは食い付きます。

心動かします。

 

1度チェックされてみてください。

ご自身のPOPが、他店でも使えるモノになっていないか?

商品名さえ入れ替えれば、他店でも使えるメッセージになっていないかどうか。

 

 

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。