手書きPOPを学べば響くメッセージが書ける

 

メッセージを考えるのって、難しくないですか?

 

販促物にしても、、、こうしたブログの記事を書くにしても、、、

どんなメッセージを書いたら、読んでもらえるだろう?

反響がいいんだろう?

そんなことを考えたことありませんか?

 

今だったら、フェイスブックとかもそうですよね。

 

どんな投稿すれば、いいね!押してもらえるんだろう、、、とか。

メッセージを書くときに、いろいろと考える。

そんな方って、多いと思うんです。

 

っでね、この悩み。

POPのノウハウが使えるんです。

響くPOPを書くときに意識すべきこと。

そこを考えながら書くと、意外と悩みが解消される。

相手に響く文章が書けたりするです。

 

 

・・・見たら娘が喜びそう^^

・・・見たら娘が喜びそう^^

 

 

手書きPOPに共通する読み手に響くメッセージを書くコツ。

 

それは何か?っていうと、

「誰が書いているのか?」

ここを伝えるんです。

 

・・・例えばね、手書きPOPに、

「美味しい、オススメ!」って、書いて売り込むにしても。

誰が美味しいと思って、誰がお勧めしているのか?

ここを伝えた方が相手(お客さん)には、より響きます。

 

「美味しい」の伝え方や表現の仕方(言葉)を一生懸命考える。

ここも大事なんですが、そこって結構ハードルが高い。

なかなか言葉や表現が思いつかなったりするんですよね。

 

それよりも、もっとカンタンな方法。それが、

「誰がおすすめしているのか?」

「誰が美味しいと感じたのか?」

ここを伝えることなんですね。

 

手書きPOPだけでなくって、チラシやブログ、

フェイスブックの投稿メッセージなどにも当てはまりますからね。

意識すると伝え方って、変わってきますよ。

 

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。