販促物にも人間性があらわれる

 

今って、テクニックがいーっぱい溢れてる。

 

「こんな言葉がけすると、売れやすい」

「こんなキャッチコピーが反応率を上げる」とか、、

ほんと、いっぱいね。

 

・・・でもね、僕思うんです。

 

結局は最後、人間性の部分。

ここが大きく影響するんじゃないのかなぁ、って。

最後はそこが出るんじゃないの、って。

 

 

娘の作品 「ムンクの・・・」じゃないんだけど いったい、誰を書いたんだろう!?(笑)

娘の作品
「ムンクの・・・」じゃないんだけど
いったい、誰を書いたんだろう!?(笑)

 

 

テクニックを使うのがだめ。

とか言っているわけじゃないんだけど、そこに注力し過ぎるのもどうなの?

って、たまに感じます。

 

たしかに、目を引く言葉。

読み手にインパクトを与えるフレーズとかって、あります。

それらを意識して活用することで、反響も出やすくなる。

即効性もある。

そうかもしれないです。

 

・・・でも、そういった広告物で集まる方は、そういう方です。

自身(あなた)の言葉で伝えたメッセージに共感してくれる方とは違います。

 

あなたの思いを伝えて、

そこに共感してくれた方はお付き合いも長くなる。

 

ずっと応援してくれる。

そうなる傾向が強い。

 

キレイごとのように聞こえるかもしれないけど、僕はそうだと思う。

 

意外と見栄えパッとしなくても、本心を正直に書いているメッセージって伝わったりする。

読んだお客さんから何か言ってもらえることって、多いです。

伝わるんですよね、ちゃんと。

そこが抜けちゃうとねぇ、、、

 

・・・来月行うセミナー内容を考えていると、ふとこんなことを思いました。

 

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。