高額商品に手書きPOPは似合わない?

以下のメッセージを頂きました。

手書きPOPが店舗のイメージや雰囲気と合っているか?
分からず、心配です。

高級感を出したいお店や商品に
手書きPOPは似合わないのでは?

こう感じられる方は、少なくありません。

確かにその通りだと思います。

例えば、シャネルのブランドの化粧品に
私の手書き文字が似合うのか?

手書きPOPを付けると
販売数は伸びるのか?

と言われると、違和感を感じますよね。

手書きの文字がブランドイメージを
崩してしまう危険があります。

手書きPOPの注意点

今回ご質問を下さった方のお店や
商品がどんなものなのか?

解らないので、詳しくは言えませんが、

「高額商品に手書きPOPは似合いにくい」

これは、その通りだと思います。

よほどこだわった字の書き方や
POPの台紙の工夫をしないと
商品イメージを崩してしまいかねません。

ただ、ここで1つ

注意したいポイントがあります。

「そもそも、なぜ手書きPOPをつかうのか?」

を考える必要があるのです。

なぜ、手書きPOPを使うのか?

このブログを読んで下さっているという事は
あなたも手書きPOPに
ご興味があるのだと思います。

では、ここで考えてください。

『あなたは、なぜ手書きPOPを
使いたいのですか?』

『パソコンでつくったPOPでは
駄目なのでしょうか?』

恐らくですが、あなたは
こう考えられたかもしれません。

手書きの方が売れるんじゃないですか?

手書きの方が目が留まりやすいでしょう?

臼井さんも手書きPOPが良いと
言っているじゃないですか?

確かにその通りです。

手書きPOPの方が目に留まりやすいし、
書き手の温もりも伝わりやすいです。

結果、商品の販売数も増える
その可能性は高まります。

ただ、ちょっと天邪鬼っぽい
話になりますが、ここで1つだけ
抜かして欲しくないポイントがあるんです。

それが、

「手書きPOPは、書き手の存在が伝わりやすい」

ここが手書きPOPをつかう
最大のポイントであり、
あなたにお勧めしている理由です。

手書きじゃなくても良い

お正月の元旦の事を思い出して下さい。

1月1日、朝起きて
玄関のポストを確認しますよね。

すると、輪ゴムで束に留められた
年賀状が手に出来ると思うんです。

輪ゴムを外し、ご自身の分と家族宛ての
年賀状を分ける。

「誰から来たのかな?」

1枚1枚楽しみにしながら
年賀状をめくられると思います。

すると大抵の今の年賀状は
パソコンの定型フォーマットで
書かれていますよね。

大体みんな同じような挨拶文が書かれている。

…そんな中、たった1文でも、

「本年もよろしくお願いいたします」

といった挨拶文が手書きで書かれている
年賀状を見つけると、

パッと目が留まりませんか?

何度も年賀状をめくって

「誰からかな?」

と確認しませんか?

さらにその時、あなたの脳みそでは、
その年賀状の送り主の顔を
モワモワと思い浮かんでいませんか?

手書きの1文を見ながら、
年賀状の送り主を思い出す。

シンプルにいえば、これが、

『書き手の存在感』

を感じるという事です。

我われ人間は、書き手の存在感を感じると
イコール、温もりと感じます。

「あぁ、わざわざ書いてくれたんだ」

これが書き手の人柄を感じる事であり
手書きPOPで結果を出す
何より重要なポイントです。

パソコンで書いても良い

極端にいえば、書き手の存在感を
感じられるのなら、

パソコンでつくろうが、

手書きで書こうが、

どちらでも良いのです。

要は、POPに書かれているメッセージから
『あなたの存在感』
を感じられるかどうか?

「誰がそのメッセージを書いているのか?」

「誰がその商品をお勧めしているのか?」

が伝わっているかどうか。

ここが最大の肝の部分です。

手書きでも駄目なものは駄目

逆にいえば、手書きPOPであっても
書き手の存在感を感じないもの。

例えば、商品名と価格の部分を
他社商品に入れ替えても
そのまま使えるメッセージ。

これらは、手書きで書かれていても、

あまり意味がありません。

誰が書いても同じ文章になっているので
お客さまが読んでも共感しづらいのです。

『手書き』の文字って、
書く人によって字体も違うし、
癖も違いますよね。

だから、

「誰が書いたのか?」

書き手の存在が伝わりやすいんです。
(先ほどの年賀状の話のように)

ただそれだけだと、物足りないので
書き手の人柄やお店のスタンスが伝わる
メッセージにする。

そうする事で、読んだお客さまも共感し

「そうか、じゃあこの商品を買ってみよう」

と心を動かすのです。

何より重要なこと

頂いた冒頭のご質問内容、

「手書きPOPが店舗のイメージや雰囲気と合っているか?分からず、心配です。」

少し逸れてしまいました。

もしも、ご自身的にお店の雰囲気と合わない、
違和感を感じるのなら、
手書きにこだわらなくてもOKです。

それより重要なのは、

あなたやスタッフさんの人柄が伝わる、
あなたのお店のスタンスが感じられる、

そのようなメッセージ内容にする。

ここが手書きPOPを活用する上で
最大のポイントになってきます。

内容が随分逸れてしまいましたが
何かヒントになると嬉しいです。

手書きPOPの書き方極意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。