「産直・お土産施設の売り上げを上げたい」

産直・土産施設の売り上げを上げたい(前年比+20%を達成したい)

というメッセージを頂きました。

ずばり言いますが、
「お土産売場の売上を上げる」
これって、狙い目です。

達成しやすい目標です。

この方は、
「前年比プラス20%を達成したい」
と書かれていますが、はっきり言って実現できます。
いえ、もっといけます。

長期的にみれば20%と言わず、現状の売上の1.5倍。
うまくいけば、倍増も可能です。

「大袈裟に言ってるんでしょ?」
「ハッタリですか?」

って思われるかもしれません。
でも、本当です。

その根拠を今からお話しします。

ざるの状態

少し偉そうな言い方をさせてもらいますが、
一般的なお土産店売場って、まだまだザルの状態です。

もっともっと、伸ばせる余地がある。
出来る事がある。
やれる事をやれば、今よりさらに売上は伸びる。
そう思っています。

私は前職時代、地域産品の営業をさせてもらっていました。
お得意先さんには、道の駅やお土産店、宿泊施設などもありました。
そして商品を納品させてもらいに行ったとき、売場を見るわけです。

そこで常々感じていた事があります。

「POPって、全然やられていないよな」

です。

お土産店さんの売場を見させてもらうじゃないですか、
すると、ほぼPOPは置かれていない。

設置されていたとしても、いわゆる『既製』のPOPです。

メーカーさんが作られた、どのお店にも使える汎用性の高いPOPです。
見た目的には綺麗なんだけど、それがお客さまの購買につながるか?
というと、少し微妙なPOPです。

【見映えの良い】=【売れる】は大間違い

ぜひあなたにも憶えておいて頂きたい事があります。
POPに関する誤解の1つです。

『見映えの良いPOP』=『売れるPOP』

はっきり言ってこれは、大間違いです。

綺麗な写真。
可愛いイラスト。
特徴的なPOP文字。

これらが使われているPOPが商品を売る事ができるか?

というと、それはイコールではありません。

POPの見た目が優れているのは、勿論素晴らしい事です。
私は字も下手ですし、イラストも書けません。
もしかすると、嫉妬心があるのかもしれません。

しかし、1つ言える事があります。

見た目の素晴らしさで商品を売ることができるのか?
というと、そこは少し違うのです。

2種類のPOP

簡単に言えば、POPには

  1. 魅せるPOP
  2. 売るPOP

この2種類があります。
それぞれ担う役割が違います。

商品を売って、売上アップを狙うなら、売るPOPを書いて、
売場に設置しなければいけません。

もの凄く当たり前の話ですが、
実はここが多くのお店が抱く誤解であり、大きな落し穴でもあります。

つい見映えを最重視してしまうのです。

しかし、それでは望む結果は得られません。

売れるPOPを学ぶ

売上前年比+20%を達成したいのであれば、
まずは、POPには2種類ある。

そして、売るPOPの書き方を学ばなければいけません。

「そんなPOPじゃ売れないよ」
「そんなに文章をいっぱい書いても読んでくれないよ」

周囲には、色んな誘惑が待ち構えています。
途中、心がぶれてきます。

「こんなPOPじゃ、売れないんじゃないか…」

しかし結果を出せば、そんな周りの声も聞こえなくなります。
気にならなくなります。

売るPOPを書いてください。
売るPOPの書き方を学んでください。

そしてその一歩を踏み出すには、こちらがお勧めです。

『売れるPOPの書き方ハンドブック』

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。