手書きPOPで顧客単価アップを実現させる

『手書きPOP7つの極意』
ご購読者からメッセージを頂きました。

理容室をオープンさせたので単価アップにつなげていきたいです

・顧客単価アップ
・手書きPOP

この2つはものすごく相性が良いです。
顧客単価を上げるために手書きPOPを使う。
理にかなったやり方です。

事例報告も交えてお話ししていきます。

「お客さまの数を増やす」

今回メッセージを下さった方は理容室さん。

業種的に、お客さまの利用頻度がある程度決まっていますよね。
例えば、1カ月に1回とか。

商品単価も決まっていると思います。
大人カット:4000円とか。
ここから1人のお客さまが1年間に使われる売上がでます。

4,000円(単価)×12回(頻度)=48,000円

単純にいえば、この数字に顧客数をかけると1年間の売上になります。

さらに、この数字から売上を上げていこうと思えば…
次に意識がいくのが…恐らくですが、

「お客さまの数を増やす」
という事じゃないかと思うんです。

「新規のお客さまが欲しい」と。

勿論、今来店下さっているお客さまにリピートし続けてもらう
その対策も必要です。

ですが、多くの場合、新規のお客さまを獲得する事に意識がいきがちです。

ただここで1つ、考えて頂きたいのです。

セオリー通りの質問になるかもしれませんが、

1:新規のお客さまを増やすこと
2:今来店して下さっているお客さまの単価を上げること

どっちがハードル低そうですか?

取り組んでみて成果が出やすそうなのは、

1:新規客を増やす
2:顧客単価を上げる

どちらでしょうか?

POP1枚で3倍以上の反響に

ある理容室さんからの成果ご報告です。

理容室 手書きPOP成果報告

返事も出さず、電話までいただいたのに出られずすいません。
DVD見させて頂いて、自分なりに実行しています。
前月に5名だったメニューが、次月には16名に
していただけるようになりました!

言葉だと押売になってしまいそうですが、
POPだと必要だと思う人に買って頂けるのでイイですね!

メッセージに書かれているように、手書きPOPを実践。
あるメニューの利用者が、5名から16名になりました。

メニュー単価は解りませんので、仮に3,000円とします。
すると、

POP実践前:3,000円×5名=15,000円
POP実践後:3,000円×16名=48,000円

です。
1か月で33,000円の売上アップです。

さらに、ここで注意してほしいポイントがあります。
もしも、このメニューがリピート性のあるものだったとしたら?

例えば、毎月受けた方が良い薄毛対策の頭皮マッサージとか。
単純にヘアカラーとか。
定期的に受けた方が良いメニューだとしたら、売上ってさらに上がりますよね?

毎月受けるメニューとして仮定すると、

3,000円×16名=48,000円
48,000円×12か月=576,000円

576,000円の売上が上がります。

ちなみに、POP実践前は、

3,000円×5名=15,000円
15,000円×12か月=180,000円

結果、手書きPOPを実践した事による売上アップ額は、

576,000円ー180,000円=396,000円

396,000円になります。

まぁ、実際にはメニューを受けられた方全員が100%リピートしないと思います。
2ヶ月に1回利用するという方もいると思います。

…にしても、たった1枚のPOPを書いただけで、数十万円の売上が上がる。

そう聞いたら、やった方が良い。
とりあえず試した方が良い。
そう思いませんか?

だって、手書きPOPは軍資金ゼロでできる取り組みです。
紙とペンがあれば、実践可能です。

しかも、効果は一度きりではありません。
一度POPを書いてしまえば、半永続的に効果は持続します。
商品価値が無くならない限り、売り続けてくれるのです。

「POPをやらないと損?」

そんな気がしてきましたか?

もしそうだとしたら善は急げ、です。
モチベーションが冷めないうちに行動あるのみです。

ちなみに今回の報告を下さった理容室の方は、こちらでPOPの書き方を学ばれました。
結果、施術利用者が3倍以上になりました。

『メニュー利用者が3倍以上になった秘密』

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。