売れる手書きPOPに一変させる、『魔法の言葉』

先日メルマガで好評だった記事をシェアします。
(メルマガは、『手書きPOP7つの極意』登録者にお届けしています)

以前、東京池袋で手書きPOPセミナーをしていた時のこと。

セミナーの中盤、
受講者さんのお一人から、あるお話を頂きました。

お客さまと会話をしていると、
どうしても、商品特徴ばかりを伝えてしまう。

良くないと分かっているんだけど、他に何を話せばいいのか?
内容が思いつかない…

あなたもご存知のように、

商品特徴を伝えるだけではお客さまの心は動きづらいです。

特徴をPOPに書くだけでは、売れにくいです。

お客さまが心を動かす
そのキッカケとなるのは、

例えば、その商品を買えば、

  • どうなれるのか?
  • どんな不便を解消できるのか?
  • どんなワクワクがあるのか?

お客さまご自身の生活の中で、『イメージできた』瞬間です。

例えばですよ、
あなたがお使いのパソコンの 買い替えを検討しているとします。
ご近所の電器屋さんへ行きました。

売場を見ていたら、手書きPOPを発見。
読んでみた。

すると、そこには

  • 【Windows10】
  • 【intel corei5】
  • 【メモリー565ギガバイト】

と書かれています。

これを読んだあなたは、ワクワクすると思います?

「欲しい!」
っていう気持ちになりますか?

もし、ワクワクしたら、あなたは相当なパソコン通です(笑)
僕にしたら、ふーんで終わり…です。。

ちなみに、これはパソコンに限らず他の商品でもよくある傾向です。
そして大抵の場合、これでは商品は売れません。 

じゃあ、どうすれば良いのか?

『見られて終わり』のPOPから、
『売れる』POPに変換するにはどうすればいいか?

そのカギになるのは、

「だから…」

です。 
この『だから』が、

魔法の言葉なのです。

例えば、先程の

  • 【Windows10】
  • 【intel corei5】
  • 【メモリー565ギガバイト】

この商品特徴に 、
「だから…」
を付け加えるのです。

  • このパソコンは、intel corei5を搭載しています。

⇒だから…「パソコンが立ち上がりが速く、イライラする事もありません」
⇒だから…「仕事がサクサク捗ります」
⇒だから…「書類を作っている途中に、パソコンがフリーズする心配もありません。

という感じです。

【intel corei5】のパソコンと、
作業がサクサク捗り仕事中のイライラがなくなるパソコン 、
あなたなら、どっちを買いたいですか?

イメージしやすいようにもう1つ例を挙げます。

以前、娘用に電動鉛筆削りを購入したんですね。
その鉛筆削りの特徴には、

  • 耐久性ブレード採用

というのがありました。

これに魔法の言葉を加えると、どうなるか?

  • 耐久性ブレード採用

⇒だから…「約2,000回までは切れ味鈍ることなく、鉛筆を削れます」 

さらに、

  • 予備用替え刃が2枚付属

という、特徴もありました。

⇒だから…「鉛筆が削りにくくなっても、替刃に付け替えれます」 
⇒だから…「文房具屋さんへ替刃を探しに行く手間もなく、切れ味が甦ります」 
⇒だから…「切れ味が鈍っても、買い換える必要はなく節約できます」 

ただ見られて終わりのPOPから
売れるPOPに変換するためのポイントは、

【商品特徴】+【だから…】

に続く言葉を考える事です。

もしも、あなたが今回のセミナーの受講者さんのように、
商品特徴が中心の接客トークをしてしまう… 。

POPを書いているけど、購入につながらない…のなら、
「だから…」
が魔法の言葉になります。

売れるPOPメッセージをつくるステップ

まずは、

  1. 商品の特徴を5つ書き出しましょう
  2. その特徴の右側に、「だから…」と書いて、その後に続く文章を考える
  3. POPのメッセージにする 

このステップを1度試してみてください。

商品特徴をいくら伝えても、お客さまは心を動かしてくれません。
ヘタをすると、売り込みと勘違いされてしまいます。

ぜひ今日から魔法の言葉、
「だから…」を活用してみて下さい。

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。