「A看板」と「手書きPOP」を同時につかえば相乗効果。やらない手はなし!

A看板と手書きPOP、
2つを同時に使うことで、相乗効果が生まれるって、
ご存知ですか?

A看板と手書きPOPは書き方が共通するだけでなく、類似性が高い。

手書きPOPの書き方をマスターしさえすれば、A看板にもそのノウハウが使える。
あなたが、A看板を実践されている。
もしくは、興味を持たれている。
これから実践を考えられているのなら…手書きPOPをマスターする。
一石二鳥、やらない手はありません。

僕のまわりでも、A看板を利用されている方が多いです。
今朝、メルマガ読者お二人とお話しをしていても、100%で利用されていました。
手書きPOPだけじゃなく、A看板も使われているんですね。

実は、今まであまり話していませんでしたが、A看板で成果を上げる。
例えば、あなたのお店へ入店されるお客さまを増やそうと思ったら…
参考になる、あるヒントがあります。
あなたの身近な所に、です。

そう、手書きPOPを参考にするのです。
A看板と手書きPOPは、共通する部分が非常に多いです。
手書きPOPの書き方をA看板に流用することで、望む成果を得やすいのです。

さらに、ともに活用することで、相乗効果を生み出しやすい。
一石二鳥のお得なメリットを受け取れるのです。
少し説明していきましょう。

A看板に手書きPOPが役立つワケ

例えば、A看板の特徴を挙げてみます。

A看板というと…こんなイメージです。

A看板 コンタクトレンズ眼科

このボード内にメッセージを書くわけですが。
基本、メッセージを書くスペースって、限られていますよね?

A看板の大きさにもよりますが、50センチ×80センチくらいの四方スペースにメッセージを書きます。
あなたが伝えたいメッセージを。

このブログのように、文章をたっぷり。
チラシのように、商品特長をたくさん書ける。
というわけには、いきません。

また、A看板を活用する目的。
それって、何のため?

お店の前を通る通行人の興味をひく。
そして、お店に入店してもらう。
ここが最大の目的ですよね?

・メッセージを書くスペース:看板両面⇒限られている。

・目的:入店を促す

・対象者:歩行者

こんな感じです。
でね、これを手書きPOPと比べてみると、非常に類似性が高いことが分かります。

・メッセージを書くスペース

⇒A看板:看板両面
⇒POP:A4やハガキ、名刺サイズなど

・目的:

⇒A看板:入店を促す
⇒POP:購入を促す

・対象者:

⇒A看板:歩行者
⇒POP:来店者(売場の回遊者)

いかがでしょうか?
条件や目的、対象者の違いはありますが、A看板とPOPの共通点はあまりにも多いです。

じゃあ、この事実が発見したあなたは、次にどうすれば良いか?

手書きPOPの書き方を当てはめる

これまで、散々このブログで手書きPOPの書き方を学ばれていると思います。

…いえ、もしかたしたら今日初めてご覧になられているかもしれません。
もし、そうであれば、こちらでまず学ばれてください。

【無料e-ブック】小さなお店に価格以外の価値を生み出す『手書きPOP 7つの極意』

ここで紹介されている手書きPOPの書き方を学ぶ。
あなたのA看板に当てはめるのです。

例えば、その1つに、手書きPOPの考え方には、
「手書きPOPには、2つのタイプがある」
というのがあります。

  1. 魅せるPOP
  2. 伝えるPOP

この2つです。
簡単に言うと、「魅せるPOP」は、売場やお店の雰囲気を高めるPOP。
一方、「伝えるPOP」は、商品の価値を伝えて、購買につなげるPOPです。

実は、この2つのPOPの考え方は、そっくりそのまま、A看板に当てはまります。

A看板、2つのタイプ

A看板にも、

  1. 魅せるA看板
  2. 伝えるA看板

この2つのタイプがあります。

「魅せるA看板」は、特徴的な字やイラストを使う。
お洒落に魅せるもの。
「なんだか、このお店、お洒落だな」
とお客さまに感じさせて入店につなげます。

一方、「伝えるA看板」は、あなたのお店や商品(サービスメニュー)についてを伝える。
そして、興味を持ってもらう。
前者と比べ、メッセージ姓が強い。
イラストとかカラフルな文字を多用しない。

簡単に言うと、こんな違いがあります。

どちらをつかうのか?
は、あなたのスキルや何を目的にするのか?
で違ってきます。
ただ、僕がお勧めするのは、後者「伝えるA看板」です。

なぜなら、イラストを描くスキルは必要ないし、あなたが求める成果に直結しやすいからです。
お客さまの興味性を高めやすい。
そして、お店への入店を促しやすいからです。
(この辺りについては、また機会をとってお話しします)

A看板と手書きPOPで相乗効果

・メッセージを書くスペース:看板両面⇒限られている。

・目的:入店を促す

・対象者:歩行者

これらA看板の特徴を踏まえても、手書きPOPとの類似性が高い。
売れる手書きPOPの書き方がそのまま活用できる。

さらには、A看板と手書きPOPは書き方が共通するだけでなく、2つを同時に使うことで相乗効果を生み出します。
A看板で、通行人の入店を促進。
店内の手書きPOPで購買を促す。
導線的に、非常にスムーズに働くのです。

しかも、手書きPOPの書き方をマスターしさえすれば、A看板にもそのノウハウが使える。
あなたが、A看板を実践されている。
もしくは、興味を持たれている。
これから実践を考えられているのなら…手書きPOPをマスターする。
一石二鳥、やらない手はありません。

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。