期待に応えられなかった話

心のしこりとなって、ずっと残っている話。

何かのキッカケでひょっこり思い出す。
その度、ちょっぴり心がチクッとする。

そんな経験や想い出って、どなたにでもあると思うんだけど、、、
僕が最近よく思い出す記憶の1つ。

それは、ある社長さんとのやり取りです。

出張のたびにお会いしていた

3~4年前くらいでしょうか。
大阪に出張するたび、お会いする社長さんがいました。

スーパーを4店舗経営されているトップの方で。
僕が今の仕事を始めた当初に、ご縁をいただいた方です。

いつも関西へ出張のたびに、お店に寄らせてもらっていました。

僕のメルマガを読んでくださっていた事もあって、話はしやすかったです。

先日メルマガに書かれていたお話。 
あれって、、、、なのですか?

娘さんは、お元気にされていますか?

なんてメルマガの話題で盛り上がったり、社長さんのお店のお話を聞かせてもらったりしていました。

ご紹介いただいた従業員さん

そんなある日のこと。

例によって、関西出張の後、その社長さんとお会いする機会があったんです。
お店の本店へ寄らせてもらいました。

サービスカウンターの従業員さんにお声がけし、事務所へ案内してもらいました。
そこから、社長室へ。

いつもは、社長さんと2人での話が多かったのですが、その時はもう1人いらっしゃいました。

「…ご担当は何だったか?」

ちょっと憶えていないのですが、30代前半くらいの若い男性の方(以降、Kさんとします)でした。

そのご紹介の仕方から、
「社長さんが頼りにされている方」
ということが、スグに分かりました。

その後、僕のことを紹介してくださり、そのKさんとお話をさせていただきました。

話を聞いた感じ、どうも、そのKさんは、「価格」に対する施策に敏感な方のようでした。

  • 「他店の金額には負けないように、、、」
  • 「週に何日かは、特売の日を、、、」

言葉の端々に「価格」の話が出てきました。
僕のなかに、何か違和感が芽生えていました。

心残り、、

臼井さんは、いつも安売りに対して、
どちらかというと、反対の話をされていますよね。
その辺り、今の話を聞いてどう思われますか?

突然、社長さんが僕に話を振られたんです。

その後の返答、、、
どんなことを話したのか?
憶えていないです。

ただ、僕のなかには、
その時に話した内容が、今でも心のしこりとなって残っている、、
というのだけは確かです。

…おそらく僕はその時、そのKさんの意見を尊重するという意味も込めて、
「Kさんの価格施策」、
それもアリですよね。
という意見を述べたと思うんです。

…内心は、今も昔も安売りをウリにした価格施策には反対なんですが。。
八方美人。
好いヤツに見られたい、といういつもの悪いクセがでたのか?
は分かりません。

そして、ここからは僕の推測になるんだけど、、
おそらく、社長さんは僕の話を聞いて、少し期待外れだったんじゃないか、と。

臼井さんだったら、そのKさんが勧める、
価格施策に対して、何かしら話をしてくれる

そんな想いだったんじゃないか?

そして、その期待に応えられなかった。
それが今でも、社長さんに対しての心のしこりとして残っています。

期待に応える

お客さまっていうのは、何かしら期待されています。

数ある同業他店。
大手のチェーン店があるにもかかわらず、あなたのお店を選んでくださっている。
そのお客さまは、何かしらの期待を持って来店してくださっているはず。
そうじゃないと、山ほどある競合他店へとっくに向かっているはずです。

…あなたのお客さまも、あなた(あなたのお店)に期待されている事がある。
「価格」「サービス」「商品」「経験価値」、、、
そこにはいろんな要素があると思います。
考えてもなかなか分かりづらい不透明な部分でもあります。

…ただ、ここで1つ言えるのは、

そのお客さまの期待を見極め、その期待を裏切らない。
(過去の僕のように、、、)
そして、応え続けることが、僕たちのような小規模事業者の努め。
お客さまの信頼を勝ち取る、
その必要不可欠な過程なのかもしれませんね。

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。