ワンコインでできる、お客の視線を釘づけにする手書きPOPテクニック~その2.「縁取り効果」

前回につづいて、手書きPOPの魅せ方の話。

今回もコストをかけず、
ちょっとした工夫で、
POPの見映えが格段に上がり、お客さまの目を捕まえるする。
そんな手書きPOPをつくるテクニックです。

即効性の高い内容です。
これを読んだあと、スグにでも実践できます。
ぜひ、24時間以内にトライしてみてくださいね。

ちなみにこちらは、昨日の話です。

ワンコインでできる、お客の視線を奪う手書きPOPテクニック~その1.「フロート効果」

1分でできる、お客の目を留める手書きPOPの一工夫

今日も、100均で十分事足りる、
ワンコインあれば、実現できる手書きPOPの一工夫です。

ではいきます。

まず、あなたがいつも通り、手書きPOPを書かれるじゃないですか。
例えば、このような感じで。

せんべい 手書きPOP

 

こちらは、以前、手書きPOPセミナーを開催したときに、受講者さんが書かれたPOPです。
商品は、地域のお土産品です。

セミナー開始直後に書いた(僕に書かされた)POPなので、メッセージ量は少なめです。

っで、ここに今日これからお伝えする、

  • コストもかけずに
  • 1分でできる
  • 即効性の高い

ワンコインテクニックを加えます。

アイキャッチ力が一変。魔法の「ワンコインテクニック」

さきほど、手書きPOPをご紹介した受講者さん。
それから約2時間後に同じように、同じ商品のPOPを書いてもらいました。

すると、どんな風になったか?

その時に書かれたPOPがこちらです。

お土産 手書きPOP

いかがですか?

先ほどのPOPと比べて、何か変化がありますか?
もう少し分かりやすくするために、2枚のPOPを並べましょう。

こんな感じです。

せんべい 手書きPOP
セミナー開始直後に書かれたPOP
お土産 手書きPOP
2時間経過後のPOP

いかがですか?どんな違いに目がいきますか?

パッと目が留まる、「縁取り効果」

まず、パッと見て、1番に気がつくのがメッセージ量でしょうか。

左のPOPに比べて、右のPOPは、伝える文章が増えています。
しかし、今日ののテーマはそこじゃありません。
「伝える」部分の話じゃなくて、「魅せ方」です。

…はい、じゃあ、次に気がついたのはどこでしょうか?

そう、右のPOPの周りには、何やらシマシマの模様がついていませんか?
(余談ですが、このシマシマは商品が由来する洞窟をイメージしているそうです)

じゃあ、つづいて質問です。
このシマシマは、一体、どうやって付けているでしょうか?



答えは、マスキングテープです。
台紙のまわりに、ビビビーッとテープを貼っています。
そして、その中にメッセージを書かれています。

これは、「縁取り効果」というのですが、
POPのまわりに縁取りがあるだけで、僕たちの意識はその中。
メッセージに集中しませんか。

さらに言えば、売場のなかに、このシマシマのPOPが置かれていると、、、どんな感じでしょう?

おそらく売場の中で目立つはずです。
売場を見たときに、パッと目がいく。目が留まる。
お客さまの視線をつかまえるのではないでしょうか。

そう、これがあなたのPOPのアイキャッチ力を高める「縁取り効果」です。

さらに、マスキングテープをつかった他の方の事例をご紹介すると、、

どんぶりの手書きPOP

おじゃこ丼の手書きPOP

手書きPOPセミナー 青汁

青汁の手書きPOP

セミナー受講者の手書きPOP

少し見えにくいですが、「縁取り効果」を活用

今やマスキングテープって、100均へ行けば、普通に売っています。
僕も娘に連れられ、たまに行きますが、結構な種類です。

ただ、1つ注意点

ただ、話の腰を折るつもりはありませんが、、、1つ注意点。

こういったPOPの魅せ方の工夫。
結構、女性の受講者さんが熱を入れて作業をされます。

しかし、あくまでも程ほどがベストです。

いつも言うように、POPには、「伝える」「魅せる」。
このバランスが必要です。
片方に偏り過ぎる、、。
もしくは、魅せることにハマり過ぎる。
作業時間をとり過ぎ、日々の業務に支障が出る。

こうなっては、元の木阿弥です。
意味がありませんから。

時間に余裕がある。
あくまでも、商品やサービスを売る。
成果を上げることを重視しながら、実践していきましょう。

…というわけで、話をまとめます。

コストをかけず、ちょっとした工夫で、POPの見映えが格段に上がり、お客さまの視線を捕まえる。
そんな手書きPOPのテクニック。

「縁取り効果」。
マスキングテープをつかえば、ワンコインで実現可能です。

即効性の高い内容です。
これを読んだあと、スグにでも実践できます。
ぜひ、忘れないためにも、24時間以内にトライしてみてくださいね。

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。