積極的な声がけが毛嫌いされる理由…。なぜ、お客は立ち寄ってくれないのか?

昨日、お伺いしたお店で、こんなご相談を受けました。

お客さまが立ち止まってくれない。
どうすれば、立ち止まってくれるのですか?

こちらから声をかけると嫌がれますか?

普段は、お店をされていて、たまにイベントで出店される。

お祭りや催事でテントを立てて、出店。
商品を販売されるケースです。

これまでの経験からいくと、

  • お客さまがそのテントに近寄ってくれない
  • 遠巻きに見ながら通り過ぎる
  • 声をかけても、あまり効果がない

このような感じだそうです。

僕自身もイベント出店の経験があります。
スーパーなど量販店のイベントスペースで販売をさせてもらったことも、多々あります。

自分のところに立ち寄って欲しい。
商品を見て欲しい。
だから、一生懸命声がけをするんですね。

そうすると、一部のお客さまは近寄ってくれるけれど。
反面、声がけを極度に嫌われるお客さまもいて。
僕の声を聞いた途端、逃げるようにその場から立ち去っていく、、、みたいなね(苦笑)

…さて、あなたはどう思われますか?

お客さまに声をかけると、嫌がれると思いますか?
それとも、商品を売るための積極的な声がけは必要ですか?

声かけは、お客さまに毛嫌いされる!?

僕の意見を先に述べさせてもらうと、
「積極的な声掛けはあり」だと考えています。

商品を売るためには、まずはお客さまに近づいてもらって話をする必要があります。
そのために、声をかける。
1つの手段です。

ただ一方で、お客さまは極度に警戒している。
これも事実です。

商品を眺めているところを見られると、店員に声をかけられるんじゃないか?
何か売りつけられるんじゃないか?
何も買わずに立ち去りづらい。

こんな感情を持っているともいえます。
だから、近寄ろうとしない。

理想をいえば、お客さまにプレッシャーをかけることなく、

  • 立ち止まってもらう
  • あなたの商品に興味を持ってもらう
  • 話ができる態勢になってもらう

これが実現できれば、最高です。

…じゃあ、そのためにはどうすればいいか?

●●●をつかって、アプローチをする

お客さまにしたら、近づいて商品を見る。
その商品を見ている姿を店員(あなた)に見られたら、ヤバい。
何か声をかけられる。
商品を買わされる。
そう思っているわけですよね。

要は、お客さまのこの心理の裏返しは、
「自分のペースで商品を見たい」
ということでは、ないでしょうか?

…あなた自身に当てはめて考えてみると、分かりやすいかもしれません。

ショッピングへ行って、興味のある商品が見つかった。
ちょっとのぞいて見たい。
そのときに、いきなり店員さんから説明を受けるのって、どうですか?

それよりも、

  • その商品が必要かどうか?
  • 買おうかどうか?

自分のペースで判断したい。
そんな風に思いませんか?

店員さんがやって来て、何やら言われると、
「何だか逃げられなくなりそうでイヤ」
そんな風に感じませんか?

店員が近づいてくることを極端に嫌う理由は、ここにあります。

…じゃあ、お客さまのペースで、
しかも、商品に興味を持ってもらう方法。

販促物をつかうっていうのは、どうでしょう?

ワンクッション挟んで接客をする

あなたが話す代わりに、例えば、手書きPOPに喋ってもらう。
POPを1枚置いておいて、お客さまにそれを読んでもらう。
あくまでも、読む読まないは、お客さまの自由です。

読んでみて、面白そうだったら、もっと近づいて商品を見ればいいし。
あなたに話かけて、詳しい説明を聴けばいいし。
その判断は、お客さまのペースです。

実は、ここが今日のポイントです。

お客さまは、商品に興味を持っている。
しかし、あなたがいきなり話しかけると嫌がってしまう。
そんな時に、ワンクッション挟むのです。
ダイレクトに接触すると、嫌がる可能性が高い。
なので販促物をつかって、声をかけるのです。

先ほども言ったように、販促物だと話しかけてくることはありません。
お客さまは自分のペースで、商品を吟味できます。

あなたとしたら、そのお客さまの様子を見ながら、興味がありそうだったら話しかければいいし。
そうじゃなかったら、そのままスルーしておけば良いのでは?

お客さまが立ち寄ってくれない理由。
それは、自分のペースで商品を選びたいから。
そのお客さまの気持ちを尊重しながら、商品を販売する方法。
その1つが、販促物です。

特に、あなたがお客さまに声がけが苦手、、ということだったら、なおさら販促物の活用をおすすめします。

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。