何を書けばいいのか分からず、立ち止まってしまうときにお薦めの方法

もしも、あなたが販促物をつくるときに。
POPにしても、チラシにしても、ブラックボードにしても、
書く内容が思い浮かばなくて、苦労をしているのなら、、、

もしかすると、今日これからお話しする内容がネックなのかもしれません。

逆にいえば、ここを解消することで、書く内容に悩まず。
スラスラとメッセージが思いつくかもしれません。

「心」と「視覚」で訴えかける

手書きPOPに限らずなんですが、商品を売るためのプロモーションには、2つの部分に分かれます。

  1. 伝える
  2. 魅せる

この2つです。

例えば、POPを喩えにしてみます。
「伝える」というのは、お客さまの心を動かす部分です。

  • 商品の価値
  • こだわりポイント
  • その商品の背景(物語)
  • つくっている人
  • お客さまにどう、役立つのか?…etc

といった情報を、お客さまの心に訴えかける。
要は、お客さまの心を動かし、購入に導くことが狙いです。

一方、「魅せる」というのは、見映え的な部分。

POPでいえば、

  • 色合い
  • レイアウト
  • 台紙のつかい方
  • サイズ
  • 文字の書き方…etc

といった視覚的に訴えかける部分です。

目的としては、お客さまの目を留める。
足を留める。こういった事が挙げられます。

要は、前者(伝える)では、お客さまの「感情」に訴えかける。
後者(魅せる)では、「視覚」。
「心」と「目」に訴えかける。
そして、望む結果をつかむ。
商品やサービスを売るというゴールへ向かうのです。

両者ともに、成果を上げる(商品を売る)を上で、必要不可欠な要素です。

…一緒に考えていないか?

もしも、あなたが販促物をつくるときに。
POPにしても、チラシにしても、ブラックボードにしても、
書く内容が思い浮かばなくて、苦労をしているのなら、、、

もしかすると、それは、ここがネックになっているのかもしれません。

先ほど話した、「伝える」と「魅せる」。
ここを一緒に考えようとしている。
同時に、この両方を達成しようとしている。
そんなメッセージを考えようとしている可能性があります。

「伝える」「魅せる」、ここを一緒に考えるのって、かなり難しいです。

  • 商品の価値を伝える
  • 格好良く魅せる

ここは、別個に考えた方がやりやすいです。

特に慣れるまでは、そう。
一度に両方を叶えるメッセージを書こうとすると、ペンががすすみません。
フリーズしてしまう可能性、大です(笑)

まず、「伝える」部分を考える。
下書きでいいので書き出してみる。

…その後さらに、その内容を見映え良くしたいと思ったら、
どうしたら良いか?
「魅せ方」を考えてみるのです。

二兎追うものは一兎も得ず

お客さまの「心」に訴えかける部分。
「視覚」に訴えかける部分。
慣れるまでは、別々に考えてみる。

作業が一気に捗るかもしれませんよ。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。