売場ディスプレイは、きれい過ぎると売れにくいのか?

jars-1816459_1920

最近、会員さんから売場に関するご相談が増えています。

手書きPOPと売場。
切っても切れ離せない関係ではあるのですが、売場づくりで悩みを抱えるお店は多いです。
逆にいうと、正しい、成果の上がる売場づくりができると、手書きPOPとの相乗効果につながります。

そこで今日は、その売場づくりについて。
会員さんから多くいただくご相談のなかから、1つをピックアップ。
あなたと一緒にみていきましょう。

きれいに並べると、売れにくい?

先日、お店に訪問したある会員さんからいただいたご相談です。

売場をリニューアルした。
什器も用意して、きれいに飾った。ディスプレイをした。
見た目的にも、いい感じになった。

さて、売上はどうなるのか?
楽しみにしていたところ、、、、

・・・

うーん、いまいち上がらない。
思っていたほど売れない。
どうして?

このような感じになった。
そこで、色々と思案された結果、1つの疑問が、、、。

売場をきれいに並べすぎると、売れなくなるのでは…?

 

…さて、ここであなたに質問です。

これまで、売場づくりをしていて、商品をきれいに(オシャレに)陳列した結果、売行きがかえって悪くなった。
思っていたほど、売れなかった。
そんなご経験は、ありますか?

現場にいらっしゃるあなたは、実感されているのではないか、と思うのですが。

商品を大量に、ボリューム感をつけて売場に並べると、売れやすい。
一方、陳列量を少なくすると、売れにくい。
そんなご経験を1度でもされたことがあるんじゃないでしょうか?

今回の会員さんは、まさにこのパターンです。

商品をお洒落に、美しくディスプレイされた。
その分、商品の陳列量も抑えた。
しかし、これが仇となって、売上が減少したんじゃないか?
そう、仮説を立てられたわけです。

売場づくり、2つのタイプ

僕の現場での経験からいうと、
たしかに、大量陳列。ボリューム感をつけて売場をつくると、商品は売れやすいです。

一方、陳列量を減らすと、売場が貧弱になるというか。
売場に訴えかけるチカラがなくなり、売れにくい。
そんな印象を持ったことは、何度もあります。

ただですね、これって、

  • 【商品陳列量が多い】⇒【売上UP】
  • 【商品陳列量が少ない】⇒【売上DOWN】

単純に、そうとも言えません。

何ごともそうなんですが、売場づくりにもバランスが重要です。
そして、もっといえば、売場には、2つのタイプがあるのです。

話し出すと、1日のセミナーができるくらいのボリュームになるので、今日は簡単にお伝えします。
売場には、2つのタイプがあります。

  1. 【売る売場】
  2. 【魅せる売場】

この2つです。

【売る売場】と【魅せる売場】

【売る売場】というのは、簡単にいえば、数字を稼ぐ売場です。
大量陳列をおこない、ガンガン商品を売っていきます。

一方、【魅せる売場】は、商品を展示。
その商品のイメージUPを狙います。

この2つのポイントを抑えた上で、冒頭の会員さんのご質問を考えると。
少しヒントが視えてきます。

商品によって、適した売場

会員さんのご質問、

売場をきれいに並べすぎると、売れなくなるのでは…?

ここで考えたいのは、その売りたい商品はどんな位置付けなのか?

例えば、

  • 特売などをして、大量に売って売上を稼ぎたい商品なのか?
  • 新商品なので、まずはお客さまに知ってもらいたい。
    商品イメージをつくっていきたい商品なのか?

特売商品であれば、少量でお洒落に売場ディスプレイをつくる。
なんて、必要ありませんよね。
ガンガン大量に商品を並べて、安さをアピールして売っていきたいですよね。

あるいは、単価的にみて、

  • 価格帯の低い商品なのか?
  • 高価格帯の商品なのか?

ここによっても売場づくりって、変わってきますよね。
高価格帯の商品であれば、そんなに品数は動きませんよね。
ヘタにたくさんの量を並べると、商品(ブランド)イメージが崩れるリスクも伴います。

極端にいえば、シャネルのバッグをお店の入り口はいってすぐの売場に、大量に陳列する。
これって、適した売り方でしょうか?

あとは、

によっても、売り方は違うはず。

まずは、あなたが売りたい商品は、どの位置づけなのか?を考える。
そして次に、先程お話した、2つの売場。

  1. 【売る売場】
  2. 【魅せる売場】

どちらに売り方が適しているのか?
を検討してみるのです。

手書きPOPと売場。
切っても切れ離せない関係です。
やり方次第で、効果は何倍にも膨れ上がります。

ぜひ、今日お伝えした、商品の位置付け。
そして、売場の2つのタイプ。
ここを意識しながら、売場ディスプレイを実践されてみてくださいね。

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。