このブログが、あなたのお役に立つかどうか?

手書きPOPセミナー大阪

臼井の手書きPOP サンキューレター

今日は、少しお付き合いいただけますか?

2017年、あなたがやりたいと思われていること。
目指されること。
実現したいこと。

そこに、
「このブログが、お役に立てるかどうか?」
見極めてもらうために、

臼井は、

  • なぜ、今の仕事をやっているのか?
  • 「どんな方」のお役に立てるのか?
  • ご縁をいただく方とは、「どこ」を目指すのか?

お伝えさせていただけませんか。

今日は、先日メルマガ読者へお届けした記事を一部、再編集してお届けします。
(※メルマガは、【手書きPOP7つの極意】ご登録者へほぼ毎日発行)

もしも、この話があなたの向かいたい方向性とずれているなら、このブログはあなたのお役に立てないかもしれませんので。
そんなご判断をしていただく意味も込め、今日の記事をご覧いただければ、幸いです。

商品が売れる…さらに

商品を販売するとき、その特徴を伝えることが大事。
あなたも一度は、聞かれたことのある話ではないでしょうか。

実は、
「商品そのものだけでなく、商品に関わる“人”(つくる人、売る人)のこだわりや人柄、生きざまを伝えることで、その商品は、他店にはない唯一無二の存在になる」。
これは、僕が30代の頃に働いていた大阪の産直ショップで実感した経験です。

そして現在、この経験をもとにした
「POPコミュニケーション(ポプコミュ)」を提唱。
個人や小規模店が、
「商品やお店の個性を認識し、顕在化させる」
お手伝いをさせていただいています。

いわゆるインターネットではなく、手書きPOPやチラシ、お便り、接客といったオフラインの媒体をつかうことで、あなたの商品も
爆発的に売れるようになるかもしれません。
伝え方を少し変えるだけで、 結果は見違えるのです。

さらにそれだけでなく、 「POPコミュニケーション」を導入するお店では、大きな2つの変化が生まれます。

1.お客さまの変化

1つ目の変化は、「お客さま」の絶大な信頼を獲得できること。
販促物を通じて、 あなたのお店の「スタンス」や「考え方」を理解したお客さまは、競合他店のどのお店よりもあなたのお店を特別視するようになり、熱烈なファンになってくれるでしょう。

そしてさらに、 お客さまの反応の変化に合わせ、「従業員」にも変化が起こります。

2.従業員の変化

あなたが何も言わなくても、日々の売上数値に敏感になり、お店運営にも積極的に参加。
オススメした商品が売れる、お客さまの喜びの声を聞くことが原動力となって、従業員のやる気に火をともすのです。

POPコミュニケーション

「商品・お客・従業員」
これら3つの変化を生み出す、POPコミュニケーション。

正社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、 ほぼ販促費ゼロのなか、年商1億3千万円。
パート募集をすれば、「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。
こんな一風変わったお店で、
「小さなお店が生き残るには、どうすればいいか?」
日々、試行錯誤してきた経験やノウハウが、今の僕の仕事の原点です。

…ここまでお読みいただいて、何か響くものがありましたら、引き続き、このブログをよろしくお願いいたします。

せっかく1度きりの人生 。
いろんな事にチャレンジしていきたいですもんね。
そんなあなたのモチベーションのキッカケにもなれば、と思い、2017年もお届けしたいと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。