伝わるブラックボードが書ける3ステップ。その1.驚きと興味を与えるキャッチコピー

伝わるブラックボードの書き方

このブログへたどり着かれる何割かの方が、
「ブラックボードの書き方」に非常に高い興味を持たれています。

手書きPOPは勿論なんですが、同時に、ブラックボードへの興味も高い。
読者層をみていると、すごく感じます。

そこで、今日お伝えするのは、ブラックボードの話。
中でも特に、

「伝わるブラックボードを書くには、どんな事を書けばいいのか?」

ここを一緒に考えていきたいと思います。

伝わるブラックボードが書ける、3ステップ

今からお伝えするのは、あくまでも、「伝わるブラックボード」についての話です。

ブラックボードを書いて、

  • お店に興味を持ってもらう
  • お客さまに入店してもらう

という目的を実現するための内容です。

「きれいな、お洒落なブラックボード」を書くためのステップではありません。
もしも、そこを求めていらっしゃるのなら、お役に立てませんのでね。
ご了解くださいね。

では、いきましょう。

ステップ1.キャッチコピーを考える

まず、1番はじめに考えていただくのは、ブラックボードの中のキャッチコピーにあたる部分です。

今からお伝えする内容に沿って考えた言葉。
これが最終的に、あなたのブラックボードのキャッチコピーになります。
しかも、お客さまに驚きを与え、興味をもってもらい、入店につながりやすい言葉にです。

っで、まず見ていくのが、あなたが見込み客。
これから顧客になってくれる方。
この人たちの気持ちを刺激し、興味を持ってもらうための言葉です。

そのためにポイントとなるのが、上記の見込み客が抱いている「固定観念」。
ここを刺激します。
少し言い方を変えると、固定観念を覆すのです。

…具体的には、こんな風に考えていきます。

驚きを与え、興味を抱く言葉

見込みが興味を持つあなたの商品がありますよね。
その商品に関して抱いている、固定観念を考えます。

たとえば、手書きPOPを商品として例にすると、、。

手書きPOPを実践したいと考える方が抱く、固定観念。
それは、

手書きPOPには、かわいい字やイラストが必要

こんな意識を持たれているんです。

でもね、専門家の視点からいうと、
手書きPOPで成果を上げるには、かわいい字もイラストも必要ありません。
書けなくても、十分、商品を売ることができます。
むしろ、きれいな字を書かなきゃいけない、、、という気持ちがかえって、邪魔になっていることが多いんです。

なので、ここを突くのです。

そして次は、その今考えた固定観念を覆します。
見込み客の感情を刺激します。
そして、興味を持ってもらいます。

例えば、こんな感じ。

ご存知ですか?

かわいい字やイラストが書けなくても、売れるPOPは書けるんですよ。

…なんとなく、イメージつきますか?

あなたの見込み客が抱いている、
「●●といえば、▲▲だ」
という固定観念。

ここを、あなたという専門家の視点から、覆してあげる。

顧客の知らないことを教えてあげる。
新しい気付きを与えてあげるんです。

すると、お客さまは、あなたの発言に「ハッ!」と驚き、自然と興味を持ってくれます。

興味を持つ言葉を探すヒント

とはいえ、
「お客さまが興味を持つ言葉を探せ」
と言われてもピンと来ないかもしれません。

そんな時は、こう考えてください。

「ご存知ですか?…」

の後につづく、言葉を考えるのです。例えば、

  1. ご存知ですか?
    かわいい字やイラストが書けなくても、売れるPOPは書けるんですよ。
  2. ご存知ですか?
    納豆を食べすぎると、女性ホルモンが増えて●●になるんですよ。
  3. ご存知ですか?
    朝1番に冷たい水を飲むのは身体に悪い、というのはデタラメなんですよ。

というような感じです。(2.3.は咄嗟にいま考えたので、かなりデタラメかもしれません)

「ご存知ですか?」の後に続く言葉は、お客さまにとって固定観念を覆される内容。
なので、ハッと驚く。
あなたのメッセージが新鮮な情報に聴こえる。
興味を持ってしまう。
というわけです。

そして、冒頭でお伝えしたようにここで考えた言葉が、ブラックボードのキャッチコピーの部分になってきます。
しかも、お客さまに驚きを与え、興味を持たせる。そんなキャッチコピーに、です。

…まずはとにかく、あなたのお客さまが興味を持ちそうな商品を考える。
次に、その商品に関してお客さまが抱く固定観念を考える。
そして、その固定観念を覆す情報を伝えてあげる。

これが、「伝わるブラックボードが書ける」ステップ1になります。

つづいてのステップ2は、「お客を惹きこむメッセージ」です。

伝わるブラックボードが書ける3ステップ。その2.「お客を惹きこむメッセージ」

2017.01.12

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。