チャレンジしていこう

family-521551_640

 

大学校で手書きPOPの講義をさせてもらっているんです。

その時になるべく心がけていることがあるんですね、

 

それは、

「生徒を楽しませる」

っていうことです。

 

…そんな当たり前のこと、

ここで書くなよーっていう話なんですが、

これって、結構ポイントで。

ここから話は大きく膨らむんです。

生徒が楽しむと何が良いの?

どうして、生徒を楽しませるといいのか?

 

授業には勉強をしに来てるんだから、楽しい気持ちにさせる、

そんな必要なんてあるのか?

 

大いにあるんですよ。

だって、彼らが楽しい気持ちで授業に臨めばのぞむほど、とうぜん吸収力が高まりますよね。

 

あなたもご経験あると思いますが、 

イヤイヤ授業受けても、苦痛なだけ。

後で何にも残らないですよね?

 

そして何より授業を進めている僕が楽しくない。

 

生徒がだるそうーに授業に臨んでたら、こっちのテンションまで下がってしまう。。

何にも良いことありませんよね。

「POPを撤去しろ」

…お店に来店されるお客さま、楽しそうですか?

…商品をご覧になっているお客さま、楽しそうにされていますか?

 

【生徒】と【先生】の関係じゃないけれど、

【お客さま】と【お店(あなた)】、

ここに、共通する点も多いです。

 

例えば僕の事例で恐縮なんですが。

産直店時代、こんな取り組みをしたこがあります。

 

お店で販売していた卵の1つに、「有精卵」っていうのがあったんですね。

(有精卵の説明は、コチラをみてください)

 

その商品に、こんなPOPを付けていました。

この卵を温めたら、ひよこに変えるかも!?

 

こんなキャッチコピーでそのあと、有精卵の説明を書いて売場に貼ってました。

 

…するとしばらくして、取締役に呼ばれました。

 

「気持ち悪い」

っていうお客さまがいる。

「撤去するように」

っていう話でした。

…また、ある時には。

「ポン酢オリンピック」っていうのを、お店で開催したことがあります。

これは、いわゆるるよくあるランキング形式で。

 

お店では10種類近くのポン酢をあつかっていたんですね。

こんなにあったら、お客さまが選びにくいじゃない、、、。

 

そう思って、ランキングをつけて、「オススメのポン酢」を教えてあげたんです。

  • 「金メダル:●●のポン酢」
  • 「銀メダル:、、、のポン酢」
  • 「銅メダル、、、、」

っていう感じで、入口はいってスグ右の売場。

お店で1番売上を稼ぐゴールデンゾーンです。

 

しばらくして、取締役から電話がかかってきました。

 

「メーカーからクレームが来てる」

今すぐ止めるように、と。

チャレンジさせてあげては、、、?

今挙げた例は、お客さまを楽しませてるか?

っていう点でいくと、かなりビミョーなんですが。

 

とにかく、ここであなたに感じていただきたいことは、

「あんまり既成概念にとらわれ過ぎない」

「お客さまに楽しんでもらおうと思ったら、あなたが良いと感じたことを取り組んでみる」

そんなことが大事なんじゃないか?

という話です。

 

…もしも、あなたの心が騒ぐことがあれば、

…もしも、従業員さんが、

「こんな事やってみたいんです」

と言って来たら、少し寛大に受け入れて挑戦させてあげてはいかがでしょうか?

 

僕が産直店にいたときは、比較的、自由にさせてもらっていたので、いろんなチャレンジが出来たんだと思います。(まぁ、止められることも多かったけど(笑))

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。